HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もりひろさんによるLEGOファンサイト『やっぱりLEGOがすき』の略称。

YLSは、1999年春、はっとりさんのLOVE LOVE LEGO周辺に集まっていたLEGOコミュニティを客にして始まりました。
その後、ミニフィグの顔を簡易アバターに出来るスレッド式掲示板の整備を中心に、貴重なレアLEGOを安価に譲るSHOP YLS、ミニフィグ研究やレゴ日記などの企画を続々と打ち出し、管理人の旺盛な好奇心と凝り性で細やかな気質を反映した成長を続けました。
続きを読む
スポンサーサイト
おかげさまで、『How Many Studs to LEGOLAND ?』も、本格稼動から1か月を迎えることが出来ました。
1か月の閲覧総件数は20,000PVでした。この数が多いのか少ないのか評価に苦しみますが、何も言わずに始めたブログですので、今日この日を一区切りとして読者諸氏にお礼申し上げるとともに、今後のご愛読も改めてお願いする次第です。

で、あーんまり硬い話ばかりでも何ですので、ここらで一発読者のおたよりを大募集したいと思います!

個人的にどんな方が読んでらっしゃるのか生の声が気になってますので、このエントリへのコメントで、「今までの感想」や「今後への期待/要望」などお願いします。
読者数調査の意味合いもありますんで、特に御意見の無い方も、気軽にコメントしてください。
私を個人的にご存じないお初の方も歓迎。むしろこの機会にお話できるようになれば^^ノシ

では、以下よろしくお願いいたします。orz
日本のLEGOネットコミュニティに大きな足跡を遺す、もりひろさんのLEGOファンサイト「やっぱりLEGOがすき」(通称:YLS)が、サーバ契約終了の2月いっぱいをもって消滅することになりました。
形あるもの何時かは無くなる。それは世の習い。デジタルならばなおのこと。

私の千言万語よりも、ここは『NUOVO CINEMA PARADISO』よろしくコラージュと洒落込みましょう。
去って、離れて、消えて、失われて。それでもなお、遺されるものは確かにあって。
私なんかより、彼らの方がよほど雄弁だから。
知らない人は、想いを馳せてください。
知っている人は、憶えていてください。

以下、どうぞ。
2005年度の年次報告がLEGO社のプレスリリースで発表されました。

過去最悪の赤字業績を出して危機的状況に立たされた2003-2004から、社長交代に象徴される大変革を経て、今年度は増益に転ずるという劇的なV字回復に成功しました。
とは言え今回の収益には、LEGOLAND売却などの「痛みを伴う改革」による収入も含まれているわけで、依然困難な状況にあるという認識は変わらないみたいです。

現状、LEGO社の経営プランは、大きく分けて

1:本来の組立玩具企業に立ち戻る。手広くなりすぎた業態分野を縮小再編成し「小さく強い会社」としての市場地位回復に努める。
2:低所得国への工場移転を含めた大幅な合理化、経費削減による競争力の強化。
3:レゴ社本来の製品とライセンス(版権)製品を2本柱とするブランド力の強化。
4:小売店や各チャンネルを通した消費者ニーズの調査力強化。

と4点挙げられます。
言ってしまえば最近流行の企業改革路線に忠実で、あまり目新しいものでは無いとも思いますが。

一消費者としては、項目3番や4番に重点をおいていただいて、過去に成功したエッセンスを注ぎ込んだ素晴らしい新製品を出し続けてくれることを祈るばかり。奇抜な新規開拓挑戦はほどほどにと心から願うところです。
工場移転や経費削減等の合理化は、必然的に歩留まりの悪化、商品品質の劣化に繋がらざるを得ないわけです。この辺も、旧き良き玩具の伝統「色と大きさの維持」にどこまで歯を食いしばれるか、注目しつつ応援していきたいですね。

プレスリリースは、こちら

以下、債務や収支バランスなど細かな数字は一切省いて、興味のある部分だけをザックリと超訳した文章でよろしければ、続きを読んでください。


2005年決算、年始予想より良好
---LEGO GROUPは正しい軌道に乗っている。

[2006年2月15日]
既成セットが高価なので考案された俺モノレール


monorail-boggy.jpg

lego2000's MONORAIL CONCEPT


良さそうな点:
・構造が実在のモノレールに近い。
・既成の4.5Vレールを使用しているので、安価に曲がれる。
・ボギーの構造がシンプルで台車の自由度が高そう。応用性に優れる。

拙そうな点:
・マイクロモーターの使用では十分なスピード/パワーが得られなさそう。
・タイヤとブッシュで2段階で止めているとはいえ、左右の揺れに弱そう。
・レールに、ギアもしくはゴムで接する回転部分が無いので摩擦高そう。

見ただけで検証したわけじゃないですが、このボギーにミニフィグスケールの客車を載せると、重過ぎて動かなくなるんじゃないかしら。
モノレール好きの皆さんのコメントをお待ちしております。
後期Lego Robo Plan華やかなりし2005年初頭に企画立ち上げ。
再現系作品とビルダーの集うRikiさんのPlastic Jungleが、1周年を迎えました。

EUROBRICKSやLUGNETを含むいくつかのフォーラムで、LEGO AmbassadorたちがS@Hの要請を受け、アンケート調査を行っているようです。
調査の内容は「これからS@Hが開発すべき商品の方向性に関して」。

S@Hが今どんなことを考えているのか、そして、各フォーラムの住人がどう答えるのか。なかなか興味深い話題だと思われます。
NYC Toy Fairの写真指摘遊びが一段落した絶妙なタイミングで動かしているな(笑)。
具体的には以下のテーマに関し、好き嫌い/商品化の要望度/意見提案を求めています。


・ミニフィグスケールの一般建築(鉄道駅や、トレインジオラマに合う企業ビル等)
・橋

世界の有名建築
・タージマハル
・シドニーオペラハウス
・エンパイアステートビル

乗物
・モンスターカーやホットロッド
・フェラーリ(F40、F50等、クラシックレーサー)
・クラシックカー

航空機
・民間旅客機
・航空史初期の名機たち

その他
・ギミック稼動の石油採掘機
・アミューズメントパークのライド

なんか妙に具体的、かつ広く網羅していない感じが「先日のブレインストームで出たメモ帳」っぽくリアルなんですけど(笑)。
BATMAN
プレ公開から切り替わって本格稼動し始めました。コミックもフラッシュで動いて良い感じに。
製品プレビューのカウントダウン(2週間強)が始まり、Toy Fairを追いかけているコミュニティ参加者からは「まだ引っ張るんか」的感想もありそう。一般のライトレゴファンは楽しみに待つという感じなのかしらん。

SPORTS
サッカーのページがオープン。各セットの概観を掴めるかと。ワールドカップイヤーなので、とりあえず出して流している、という感じでしょうか。
1998年のSHELLプロモには、本当に度肝を抜かれました。あの頃は情報も少なくって熱気を完全に味わえたとは言えませんけど…。今でも集めてるもんなぁ(遠い目)。
と言うわけで、待ちに待ったNYCのToy Fair展示会場画像が各方面から到着しました。


ASMカバレッジ
ピンの来てる全体画像が見れます。概観を把握したい方は、こちらでどうぞ。
FBTBカバレッジ
NYC Toy Fairと言えば、毎年名物なのがFBTBの報告。質・量ともにピカイチです!
現在180枚ですが、この後さらに200枚以上アップすると言っているので、あとでチェックしに戻るのがオススメ。
BrickshelfのLarry Pieniazek氏のフォルダー
マニアックな接写で部品にハァハァしたい人はこちら。Technic製品の腹側撮りまくりです。
※lar(14)…2桁ナンバーだ。LarryさんってBrickshelf最古参だったのね~。

なんかアドベント2006の内容が開く前から赤裸々に見えちゃってるんですけど(笑)、という点以外は、パッと見、新情報が無いような。今年はリーク勢力の方が強すぎたのかも。
・アーカムアサイラムの写真は無し。
・Technicの新製品写真は無し。(1番すごい=Tow Truck 2番すごい=Crawler Craneかな?)
私もジックリ眺めてみますので、何か気付かれましたらコメントお願いします。

今年は、皆さんそれぞれに買い所のある収穫年になりそうですね。
版権商品の猛威と新色変更は、その憂いを残したままですが…。
帝国共和国問わず、SWトイマニア諸氏には朗報ではないでしょうか?
映画全6エピソードは勿論のこと、ルーカスフィルムの来たる新TVアニメシリーズからもセットリリースが想定されているようです。
SW系掲示板からいらっしゃる参加者には、是非この新アニメシリーズなどに関する情報を御教示いただきたい所存。
ちなみに、更新前の契約期限は2007年だったそうです。

HMSLとしては(LUGNET.spaceの多くの保守派諸兄と同じと予想されますが)以下のコメントを出しておきます。

 LEGOLAND SPACE is DEAD.
 LEGEND SPACE is DEAD !

SWの契約延長はおそらく、ルーカスフィルムとの契約文中に含まれるとされる「契約期間中はLEGO社から競合商品となる宇宙シリーズ(SF宇宙モデル)のセットを販売しない」という排他的商品販売項目の延長も、意味しているでしょうから…。
ま、新灰色でクラシックスペースを出されても困るだけなので、OK、OK。w

ニュースソースは、こちら
正確な情報でなくて良いならば、以下の超訳を御利用ください。


2011年まで---レゴにフォースのあらんことを
ブロック玩具メーカーの旗手、ベストセラーラインナップのStarWarsと2011年まで契約延長
ものすごく久しぶりにビルドの真似事などをしてまして、欲しい部品が出てきたのでシンガポールの方からMini Raceresの箱を2個ずつお取り寄せです。
インストを見るとこの2台ペアらしく、部品を合わせてスゴイ車になるらしいです。ふーんよかったね。


#8661 部品目録はコチラマッドガードタイルの黒が4つ入っていますが、この部品が欲しくなければ、あまりお勧めしません。46パーツ。


#8666 部品目録はコチラ。64パーツと、上の車のほぼ1.5倍パーツ量。黄色と黒を中心に、使い易いパーツてんこ盛り。オススメです。
黄色(やや赤みが強く山吹色に近い?…orz)のプチスロープが6個、1 x 3のカーブスロープ黒が8個はお買い得でしょう。
難点は、ステッカーを貼らないと車に見えづらいところくらいですかね。
1000steine.deで、別の方(Sellerとして一部御存知のHeikoさんですな)が、ニュルンベルグトイフェアの写真をさらにアップしてくださってます。
トラクターの腹側の写真など、興味深いショットもいくつかある模様です。眺めてて何か気づいた写真があったら、コメント欄で教えてください。
※ローマ闘技場テーマ他のPlaymobilに関しては一応コメントNGでお願いします。

Brickshelfで、菅笠さんの新作MOC拝見。
う~ん流石は菅笠さん、そつのないまとまり。

LEGOブロックは、実に様々なオモチャとの親和性がありますね。
NICKELODEON系の5商品の高解像度画像が公開されました。

#3825 The Krusty Krab
 $19.99/295pcs 
4色の1x1丸プレート1段重のハンバーガーが上手。青の短足初出。

#3826 Spongebob & Plankton's Adventure
 $29.99/445pcs
靴の黒カーブ部品は、Toa Playsetにしか入っていなかった。

#3827 Adventures at Bikini Bottom
 $44.99/579pcs
基礎板無しの建物群。カタツムリ触角は、チェリーの色違い

#3828 Air Temple
 $29.99/403pcs
右手一番奥、取手ハンドルの黒が登場か?戦車のディスク発射システムは、Exo-Force新製品と共通で、こちらは黒。重厚な両開き扉の、複雑な蝶番ロック機構と新規造形キャラのMomoなど、原作再現部も充実。鎧兜の新色新模様もチェック。

#3829 Fire Nation Ship
 $49.99/722pcs
驚いたのは対象年齢。AVATARは、City(5+)より年齢層の高い8-12向けの作り込みで、艦体艦橋共こんなに基礎ブロック積んでモデル作れるなら…orzと羨ましくなるほどのレギュレーション。錨すら部品組んで造ってるよ。なんで世界の冒険シリーズをこのクォリティで出す自信が持てんかね…。

米国先行発売の4箱のBOX ARTがBrickshelfに上がっています。出元はLegionsOfGothamなので、LEGO社からリークされたもののようですね。

先日お伝えした、組み換えモデルが箱裏に印刷されていないようですが…。インスト専用なのかな?なにか勿体無い気もしますね。

BrickshelfにNuernburg ToyFairの模様がアップされました。

まずは一報まで。帰宅後ゆっくり見てみます。
最近Duploのデザイナー、センス良過ぎ…。Systemに戻ってきてくださいよ。orz

皆さんおはようございます。
今朝、HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ? では、初めて「転載ではない独自ソースのニュース」を誇りをもってお伝えします。

先日のJake退職記事の折に、私は彼のブログにコメントを残すとともに、メールで挨拶を送ってみました。
その中で私は、Jakeのブログエントリ邦訳と転載の事後承諾を求めるとともに、2005年夏にBrickFestの会場でJakeの発した台詞「THE COOLEST PRODUCT EVER IN LEGO」の正体は何であるのかという質問をたずねてみました。
彼が去る以上、その台詞に責任を持つべきだと私は思ったのです。私は質問しました。それは、既に明らかにされた今年のラインナップの何れかを指すものなのか?と。

そして本日、Jacob McKee本人からの返信で回答がありました。

 Thanks, and no problem to translate. Thanks for doing that.
 Coolest project ever = LEGO Factory.
 You've not seen anything yet...

 訳)
 翻訳ありがとう。問題ないよ。
 かつて無い素晴らしいプロジェクト = LEGO Factory だ。
 君はまだ何も見ていない…。



…「君はまだ何も見ていない」。どうやら諸君、お楽しみはこれからだ。


あ、いや、新情報じゃないです。


おなじみのこのポスター、たまたま高解像度版(1024 x 1336 pxl)を見つけましたので、Brickshelfに上げておきましたよ、と。
壁紙なんかにどうぞ。
や、私のじゃありませんけど。
Technic部品だけで、MindStormsに頼らずコンピュータをビルドした人間がいます。


但し、貴方がコンピュータを「電子」演算機としか訳せない貧相なボキャブラリーの持ち主ならば、この作品はコンピュータでは無いかもしれません。なにせ演算をし真偽を弾くのは電子ではなく「ギア」なのですから。


Andrew Carolさんが造ったのは、The Difference Engine
日本では「差分機関」「階差機関」と訳語が当てられる、19世紀/100年以上前の演算機です。弾道計算のためにEnigmaが産み出されるより以前、世界の変革を夢見た天才Charles Babbage氏によって産み出された、史上初のコンピュータ。
その異形の演算機…歯車の純粋結晶によって、世界が変貌しなかった理由はただ一つ---当時の工業技術力が造る歯車では、Babbage理論の要求精度を満たすことが出来なかったのです。
世界は、速過ぎた男を見棄てました。

もっとも、私たちはそれに感謝するべきかも知れません。もしそのまま世界が改編されていたならば、今頃私たちは「TrackBack」と称して、指の腹で本当にギアのトラックを前後させていたでしょうから。 : )
「まだだ…まだ終わらんよ!」
サンドーさんが物凄いレベルで仕上げて以来、とにかくもーザクでしかないこのヘルメットですが、2006カタログを見ていたら、#8673フェラーリ・F1ピットストップに、このヘルメットのが入ってますよ!!
サンドーさん!シャアザク造ってシャアザク!!
…とか騒ぐと、俺の中のサンドーさんがこう呟くんだ。
「アホ言いなや、この色はどっちかちぅたらジョニーライデンですわ」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。