HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B
スポンサーサイト
2006年発売の商品にチラホラ入り始めた新部品です。Technic Ball Joint
に似ているのですが、以下の違いがあります。
1.シャフトの穴が貫通している(天地どちらからも十字穴が見える)
2.シャフト穴部分の凹みが、1ポッチ幅よりわずかに大きい(ポッチがはまらない)

ボールジョイント本来の役割で考えると、シャフト上任意の位置にボールジョイントを発生させることが出来るパーツなので、大変便利だと思われます。
ポッチ付きシャフト等の併用で、コンパクトにボールジョイントを隠しつつ使いこなす事も可能かと。

一方、丸くて小さいパーツ好きとしては、2の「ポッチがはまらない」という特性は、かなりガッカリさせられました。先代ボールジョイントの方はポッチがはまる親切設計なのですが。今の所、シャフトかバー類で貫いて接続する方法しか無さそうです。

この部品が含まれているセットは、こんな感じ。リリースされたての新部品ということもあり、ちょくちょく追加更新されていくと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。