HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これで$150。3kgです。キロて。
purchaseo1thumb.jpg
同じヤツを別角度から。袋の厚みパンパン。
purchaseo1thumb.jpg

何を造るという目標があるでもなく、ただただ目の前の部品庫、ABSの輝きに眩惑され、細かい部品をせっせせっせと袋の中に溜め込む姿。
品性の無い、ブロックに恵まれない国からきた乞食。なんだか切なくなります。こ、このブロックは俺様のものだ。ゴクリ。

LEGOLAND旅行記も書きかけなんですよね。記憶薄れないうちに、文章だけでも書き上げたほうが良いかしらん。
スポンサーサイト
【情報提供/参謀さん】
内容は表題の通りですので、まずは御覧ください
表示価格は、メーカー小売希望価格ですので、現状、これから2~3割引かれたものが市場流通価格ということになります。

が…、

2月 #7774 クラブ・クラッシャー \8,500-
2月 #7775 アクアベース・インベイション \11,000-
3月 #7945 消防署 \9,000-
3月 #8143 フェラーリF430 チャレンジ \9,500-
3月 #8144 フェラーリF1チーム \12,000-
3月 #7658 Y-ウイング・ファイター \8,000-
3月 #7659 インペリアル・ライディング・クラフト \10,000-
6月 #7661 JSFハイパードライブ・ブースター・リング付き \10,000-
6月 #7662 通商連合MTT(大型兵員輸送車) \20,000-
7月 #7093 ガイコツの塔 \8,500-
7月 #7994 レゴシティの港 \14,000-
7月 #7094 王様の城 \16,000-
7月 #4954 別荘 \10,500-
9月 #8108 移動要塞モバイルデバステーター \13,500-
10月 #4958 モンスターダイノ \16,000-
===========================================
大型商品(\8,000以上)
定価合計 \176,500-

orz 玩具の王様過ぎます…自信あるからってこれは無いんじゃないの。
エッジさんのブログが俄然重要性を帯びてきましたなコレは!(´▲`;;;)ノシ




7月 #7009 ホネホネライダーVS正義の騎士 \1,200-
あ、あとバットマンとマーズミッションが予定未発表です。参考まで。
あちらこちらのブログやフォーラムで、
「昨2006年のレゴ作品(My Own Creation)の中で、自分のベストを挙げるスレッド」
が流行している模様です。
「他人の作品のコレが好きだと発表する」という行為は、作品をアップすることに負けず劣らず大切な活動だとHMSL?では考えます。

ズボラ族には嬉しいことに、「2006年ベスト」ということで名を挙げられた作品は、名作大作までいかずとも輝く何かを秘めているのは間違いなし。ベスト版アルバムとでも言い換えますか、お手軽に良作を楽しめる寸法です。
こうした「10大ニュース」系記事は、えてして年末近くに発表された作品の印象に偏りがちなきらいがありますが(笑)、どれが一位かを審査するわけでも無し、見応え十二分な作品が集まっているだけで眼福モノでしょう。

週末の暇潰し…と言っては作品群に失礼ですが、以下リンクを巡って、新たな自作の火種とされるのも一興かと思います。

Eurobricksの、お城/ウェスタン/世界の冒険テーマフォーラム
Eurobricks/LegoHistory&Adventure

お城系中心ClassicCastle.com
ClassicCastle.com

メカ・宇宙系でブログは連鎖的に記事が流行。Mokoさんの名前なんかが目立ちますね。
TheBrothersBrick
snoikle
MasokoTanga
Moyblik

…ベスト系のスレッド/記事、「街」や「トレイン」では立ってないんでしょうかね?
「ここにもあったよ!」という発見等ありましたら。コメントの方にでもお願いいたします。
ブログというツールの性格上、どうしても一方的発信になりがちなHMSL?の状況を補うべく、【毎月掲示板】コーナーを始めてみました。
閑古鳥が鳴くと悲しいので、皆さんとりあえず利用してみてねっ!

【毎月掲示板】
===============
◎とりあえず月ごとに立ててみます。
◎コメント欄を使って何でも書いてくださいな。
 LEGOに関係する雑談、HMSL?への要望、などなどに御利用ください。
 はくしゃくへの質問なども受け付けますよー。
 新情報とかあったら書いてくれると私が楽になっry
◎私もなんか思いついた雑記などは、ここに書くようにします。
===============

さっそく試運転。よろしくお願いします。
アメリカはアラバマから、USAスケジュールのLEGOをドンドン買ってドンドン撮影してくださるふぃすたさんのブログで、今年のMiniCreatorシリーズのレビュー。
日本の御実家に戻ってらしたのはお正月だけなのですね。留学だからそりゃまぁそうか。
綺麗かつCPUに優しい写真がいつも助かってます。

#4915 Mini Construction
4915-1.gif

#4916 Mini Animals
4916-1.gif

#4917 Mini Robots
4917-1.gif

#4918 Mini Flyers
4918-1.gif
7714_front_of_box.jpg
御覧頂いている通り、2007夏のExoForceのテーマはズバリ"金"!
HA-YA-TOの乗機にも、黄金のシールを貼りまくった決戦機が登場です。
なんかLIMITED-GOLD-EDITIONとしてHA-YA-TOのフィグにも金色のディテールが印刷されている様子。

金といってもメッキでなく、最近のくすんだグロスゴールドなので、部品としての魅力は薄いかな…。

[追記/3月14日]
エッジさんの「レゴ系」の記事で知ったのですが、日本トイザらスでも無事に取り扱いが決定した模様です。
昨年のバットマンのアーカム療養院、今年のアクアレイダースのトレジャーハント、トイザらスお得意の「売り場確保の代わりに限定商品を企画させる」という企業方針にLEGO社は積極的に応じているみたいですので、目が離せませんね。
2月のNewYork ToyFairに先駆けて行われる欧州のToyFair。
昨年はイギリス開催のフェアの画像が出回り、NYを待たずしてほとんどの情報が出尽くした感がありました。

そして今年はパリ開催のフェアの画像が到着。

SALON DU JOUET ET
DES PRODUITS DE L'ENFANT
Du 14 au 17 janvier 2007
Parc des Expositions
PARIS-NORD VILLEPINTE


商業ショウとして、いくつかのプレスが報道写真を流し、それをまとめてくれたのがフランスのLEGOユーザグループのFreeLUG
彼らをソースとして、EurobricksやLUGNET、Brickshelfの各コミュニティ/ユーザの棚に画像が下ろされていっている---というのが現在の情報の流れです。

写真の種類が一番多い、そのFreeLUGのアルバムにリンクを張っておきますこちらのアルバムもチェック
PreliminaryDesign(試作デザイン)とはいえ、2007年冬のアドベントカレンダー全容らしきものまで展示されちゃってますから、気をつけて御覧になってください(笑)。

[追記]
現状、FreeLUGの画像ギャラリーは、FreeLUGメンバーオンリーのパスワード制でロックが掛かってしまいました。
どうもLEGO FRANCEの要請らしいです
ミラーというわけではありませんが、Brickshelfに転載されていたフォルダを2つほどリンクしておきます。【棚1】【棚2】
一度ネットに流れてしまえば、どれだけ制限をしても意味は薄いですよね。
「続きを読む」から下の、私のおすすめ画像も変わりなく閲覧できます。

以下、全部見て周るのが面倒な読者に、私が気になった写真をレビュー。
深海大決戦!TOA側はクラゲ弾を撃つらしい。
パッケージの画像はピンボケで、あまりコメント出来ることは多くないです…。リボルバー形式で、弾頭にゴムが付いたミサイルを6連発出来るのが遊びの内容みたい。
昨年は脊椎モンスターとマグマの上で闘っていた様ですが、今年は水中での勝負みたいですね。

BIONICLEをミニフィグサイズにスケールダウンしたプレイセットは今年も続行なのですね。あれ、売れてるのかしら…。
また不思議部品が入ってるかもと、ちょっぴり期待している私がいる…。今年の新骸骨腕の色違い部品とか…。
#7009 Final Joust
7009.jpg

見たまんまです。来ました!
…ねぇ、最高なんですけれど、本当にOGEL導師のアゴガクン城に入れるんじゃなくて良いんですか?^^;;;>LEGO社さん
LUGNETトップページに灰色の車ビルドが4つ。
「なんじゃらほい?」と思った方もいらっしゃるでしょうか。
順を追って、話を紐解いていきましょう。


2007年1月6-7日(正月早々ようやるね^^;;)のスケジュールで、ドイツはFrechenで1000STEINE.deの2007イベントが行われました
その様子は、こんな感じ
あの聖堂からあのからあの空母から果てはデュプロ城ディオラマまで、えらいことになってます。
ビルドの質、物量、その両面においてドイツを中心とする欧州ビルダーの実力をいかんなく見せ付けるイベントだと思います。
このイベント自体見所満載なので、お時間のある方は、BrickshelfでFRECHEN 2007なんかで検索かけて各自御堪能あれ。


さて、この巨大なイベントが開催されている体育館の片隅で、ひっそりとミニ投票コーナーがあります。今回のお話の主役は、こちら。
4台の車と…3つの建物…そして紙と鉛筆と黄色い投票箱と、何やら「LEGO」のロゴを押したボードが1枚。えー、なになに…
modular_building.jpg
3月発行のBrickJournalで告知予定ですが、我々(LEGO社)は、4月に大型のモジュール化された建築セットの発売を予定しています。
貴方はどんなタイプの建築物をレゴ製品として見たいですか?
お見せしている3つの建物の内、どれが貴方の好みですか?


………。
な、な、な、なんですとぉーーーーーーーーーーΣ( ̄■ ̄;;;;)!!?



ニュースソースである、AMBASSADOR Stephen SanderのLUGNETへの投稿によれば、この日、FrechenのイベントをLEGO社デザイナーの小集団が訪問。
彼らは、4台の自動車LEGOモデルを持参しており、ムスタングアストンマーチンデロリアンVWビートルの、どの車種を製品する希望が一番多いか(待て、今一台車じゃないのが混じってなかったか?)、また、ポッチの露出の有/無の好み、どれくらいまでならお金を出して買うか、等のアンケートを取ったと言うのです。

さらには、消防署ホテル銀行の3種類の建物が示され、ディティールや建築物のタイプ、そして支出可能額に関するアンケートも行われたと書かれています。
特に上の建築物3つに関しては是非クリックしてください。クラシックな欧風建築、抑揚の効いたデザインと色使い!
それもそのはず、これらの作品は、ビルンドのデザインワークショップに招聘されたアマチュアファンが1枚も2枚も噛んで造り上げたものの様なのです。


例によって例のごとく、楽観視は禁物だと考えています。
1月に意見を聞いて、3月のBRICK JOURNALで告知し、4月に販売…?
S@Hの最新の武器、オンライン部品販売システムBRICK FACTORYをしても、そこまで対応できるものでしょうか?
デロリアンはおふざけが過ぎる(版権どうすんのよ)し、他の車にしても現行の自動車販売メーカーとの契約が必須でしょう。そう簡単に話が運ぶとは思えません。
建築物に関しても同様にプロトタイプと言明されていますし、各々$200~300は部品が使用されているのは間違いありません。このままの商品化は不可能です。
LUGNETの当該スレッドをはじめとして、他のコミュニティでも活発な意見交換も質問も見られないのも気がかりです。

ですが、この潮流。
前回のAMBASSADORの聞き取り調査(昨年2月の記事、覚えてます?w)、そしてファンとデザインルームの意見交換、並んでいる車の完成度、並んでいる建物の新しい世界観、BRICK JOURNALとの連動。そして個人的にメロメロなボードのイラスト(笑)。

夢のある話なら、いつでも歓迎です。
それが実現するなら、なお素晴らしい。
そしてたとえ実現しなかったとしても、この話を聞いた人の胸に浮かぶインスピレーションこそが、大切なものだとHMSLは考えています。
Just Imagine.
ToyWiz.comより新セットの情報です。

Harry Potter
Harry Potter and the Order of the Phoenix
#5378 Hogwarts Castle
5378.jpg
2007年7月上映予定のHP最新作「不死鳥の騎士団」からホグワーツ城。
早くも3回目のホグワーツ城の登場です。
うーむ…Castleの復活に対して微妙に精彩を欠いている気がするのですが…いかがかしら? 昨年のAvatarシリーズの寺院の影響を、悪い意味で受けている様な。
あ、黒骸骨馬が飛んでますね~。…騎士の小箱に黒骸骨馬が登場するニュースより先に出てたら、割と騒げたのにね(笑)。
準備稿だとは思うので、さらなるブラッシュアップに期待しましょう。

ちなみにToyWiz以外にもう一軒、小売卸のお店で情報を確認できています。そちらでは「5月初旬出荷」になっていましたが、この辺まだグレイですね。

Spongebob
#4981 Chum Bucket
#4982 Boating School
スポンジボブもセット名が出てきました。既報と品数もセットナンバー違いますな…。うーむ。
写真含め、詳しく分かった時点でまた続報をお伝えします。
■1【歴史学用語】欧州史における学説の一つ。(一般には『暗黒時代』と呼称。)
欧州史に於いて、古代ローマ帝国崩壊からルネサンス開幕までの中世ヨーロッパ世界を総じて、文明の発展が長く停滞したと言う見解を指して呼ぶ言葉。

■2【LEGO用語】転じて、子供時代にLEGOから離れてから、再びLEGOを趣味とするまでの空白期間のこと。
文化文明発展が阻害された時期=LEGOに触れていない時期をなぞらえて呼ぶ言葉だが、さらに詳しい理由は「続きを読む」参照のこと。

■3【LEGO俗語】日本のネットコミュニティの一部では、「倦怠期」「LEGO熱の冷めている短期的な時期」「LEGOに触っていない時期」を指して「暗黒期」と言うスラング化している。
使用法は「この冬は仕事が忙しくて暗黒期だったから」「プチ暗黒期」「このブログで、なんとか暗黒期を脱出できそう」など。
グイン・サーガより完結が怪しい」(消息筋)とされる、年に一度更新の大陸大河浪漫、
ayucow師父の>『三国志』の第十二回「焉用牛刀」 が更新されました。

毎回、小道具に新部品が登場します。「年一度更新なのはLEGO社新製品の発売を待って作業に取り掛からなくてはいけないため」(消息筋)とも言われているそうな!
独特の画像処理と、原典のダイジェストの仕方は相変わらず。良い意味で道楽だなぁ、ライフワークだなぁ、と感じます。
未見の方は是非どうぞ。

[追記:1月15日]
バッ……
馬鹿なァァーーーーーーーーーーーーーッ!!?(酷)

…というわけで、続いて第十三回「温酒斬敵」も更新です!
黒ヒゲなアイツが本格的に活躍っ!
先ほどAvatar化によるビルダーの困惑に軽く触れましたが、LEGO作品画像の公開と共有に話が及ぶ時、根本的な問題はそこにはありません。
少し、別の話をしましょう。お暇な道楽人だけ、お付き合いを。

avatar
【名-1】 (神の)化身{けしん}、権化{ごんげ}、具現{ぐげん}
【名-2】 《イ》アバター◆ネット上での仮の像。
     例、掲示板に書き込むときいつもその人が自画像のように使うアイコン

■Brickshelfの検索タグ「Avatar」アバターとは?■
Avatarジャンルは、
「LEGOに直接関係無いけれど参考になりそうな画像情報」または
「ユーザがどういう認識でアップしたか分からないが、とてもLEGOに関係あるとは思えない画像」
がレッテルされています。
前者の代表的な例は、自画像(ジャンル名はこれに由来しています)、作品分類アイコン、インスパイア用資料(宇宙船のアートなど)、BIONICLE擬人化イラスト、等です。
後者は、エッフェル塔の写真や、ピンボケのテーブルの上の食べかけハムエッグなど。

■アバター指定された場合の問題点■
アップロードしたファイルは検閲時にAvatarに分類されると、「Recent」フォルダに表示されなくなるので、S/N(Sign/Noise)比--有意な情報と騒音の比--の効率に非常に役立っているわけです。
君のニクルっ娘の色鉛筆イラストは大変上手だと思うが、出来れば君のサイトで見させてもらう方向でどうだろう。

さて、自分の作品画像がAvatarと称されました、何が困るか。

1つ目、非表示効果のため「Recent」フォルダを通過していく「お披露目」の機会が失われることで、不特定多数の世界中のLEGO好きに、自分の作品を目に留めてもらうチャンスが極端に低下します。
もう永遠に、LEGO-BINGOに「いい感じ」と言ってもらえません。大ショック。

2つ目、タグがAvatarへ強制的に上書きされて指定したキーワードが消去されてしまうため、Brickshelfの単語検索で、自分の作品に辿り着いてもらう事が出来なくなります。
傑作の「合鴨」が、Avatarに上書きされて消えてしまったBirdのキーワードでヒットしなかった結果、自分そっくりの「合鴨」モデルが「My Original Work. See My Own Inspiration.」とか言ってアップされます。なんであっちはAvatarになんないのよ。大ショック。

■アバター指定のキモ■
現状、何がAvatarで何がAvatarで無いかは、極めて恣意的なのではと思われます。
検閲スタッフに一定の基準はあるのでしょうが、最終的には検閲スタッフの主観に左右されている様に思えるのです。
例えば、Brickshelfの使用規約を読むと「LEGO商品カタログの全面スキャンのアップは厳禁」である一方で「一部を切り出したものは良い」とされています。
これは、eBayの商品用スキャンであったり、特定のLEGO製品を話題に扱うための画像準備であったり、また新製品リーク情報をアップできるようにするためであったりします。

実例を挙げましょう。
当ブログ『HMSL?』の画像情報を集約保管しているフォルダは、画像アップのたびにAvatarレッテルにされたり解除されたり、時にはBrickshelfからのブラウズでは閲覧禁止(検閲中状態)にされたりしています。
同じファイルのままでも、状態に一貫性が無い。この経験が、私が上記「恣意的/主観的」と述べる根拠です。

■アバターからの脱出■
この状態を快復させるために、私が経験的に上手くいく様だと感じている方策は「新規画像を追加アップロード」することです。もちろん、この時に新たにジャンルキーワードをAvatar以外に指定します。
Brickshelf側で何が起きているかは分からないし、推測でしかありませんが、「優しい検閲官を通る」とでも言うべき現象の結果、翌朝には「Recent」で望み通りのジャンルキーワードで「通過」していることがあります。

■「…で、本当にRecentで見てもらえているの?」■
上に挙げた「Avatar化の弊害」は、Brickshelfが近年構造的に抱えている課題に比べれば、実はたいした問題ではありません。
そのお話は、別の記事にしてみました。御興味おありの向きは、どうぞ。
まずは、長文お疲れ様でした(笑)。
BIONICLE20074.jpg
あああああもうなんか増えてない!?

…いやそのeBayでBUY IT NOWボタンを押し損ねてエラーになったと思ってよく見ずに隣のも押したら両方買う破目に陥ってですね…

イカは?なんかイカ玉も来てるじゃん!

…そ、それはお店の人が、なんだかサービスで入れてくれたというか、人の情けは自分のためならずっていうか…

===============
■ 売 れ な か っ た ■
【#8920 BIONICLE BARRAKI EHLEK】未開封品 1パック
+Free bonus【#8934 SQUID AMMO】未開封品 1箱
■Technic
2箱が新たにエントリー。どちらも組み甲斐、価格帯共に挑戦的な製品になりそうです。
Say YoHoHo Techies, 'Kay, Play On !

#8274
8274thumb.jpg

昨年のトラクターと対を成す様なライムグリーンの刈り取り機のモデル。
内部機構を大事にし、機械仕掛けと立体のフレームワークを、ただ一種類の素材=TechnicBeam(支柱)で再現してみせる、極めてスタンダードな作品。
毎回思うのですけれど、どうやってデザインしているんでしょうね。Technic作品を説明書無しで自作できるデザイナー/ビルダーは、本当尊敬します。

ここ数年言っていることですが、この水準のモデルを毎年撃ち出せる様になったLEGOのTechnicチームは、かつての伝説部長Bradが宣言した約束「Technic is NOT dead」を守ったと言えるでしょう。
そして、この台詞が暗に表す内容…かつてTechnicがDeadであった時代を、私たちは忘れるべきではないのかもしれません。
幸せとは、不幸を知る者だけが感じることのできる境地なのですから。

#8275
8275thumb.jpg

今年のTechnicの目玉商品。V6エンジンのブルドーザー。
5ポッチ幅のキャタピラを履いて、4つのモーターを使用し、赤外線リモートコントロールで前進/後退/旋回(=キャタピラが左右独立制動ってことか)、前後のバケットとディガーの上下動をこなします。
Creatorの項目にも書きましたが、Mindstorms-NXTと同デザイン規格の新モーター、新バッテリー、新赤外線リモコン/受信機。この辺のスペックにも期待が集まります。
PC用メディアが付属して、組み上げたブルドーザーで挑戦するゲームが入っている模様。この辺はSpybotics風味ですか。

部品的には、前面のバケット部、Technicビーム部品を収納するメインシリンダーの鞘に興味があります。ピストン機構をどう実現しているんでしょうか。組み上がりの一体部品じゃない…ですよね?
■ExoForce
---知りたい事は色々あるのですが、
    一番気になるのは背景に描かれた間違い日本感バリバリの城の数々。
    大箱で要塞が出るとしたら、すごく楽しみです。斜めに。
                                 commented by 参謀 2006/09/14(木) 19:35

大丈夫。夢は、きっとかなうから。斜めに。
よぉぉぉぉぉぉぉぉぉっしゃあ、エクソ野郎、出て濃いやぁッ!(誤字)

#8106
8106thumb.jpg

コレジャナイロボIWSP、ついにリフト・オフ!
赤毛のHA-YA-TOが立っているロボ(青)は、バックパック(白)から出ている有線コードを握って、バックパック(白)の全火器を効果的に制御するゼ!両手塞がっちゃったけどネ!

どこのギャグマンガ日和だお前は、という感じで書き出してみましたが、案外嫌いじゃないです。ずんぐりむっくりしたロボがとにかくいっぱい背負うのは個人的に好みのツボです(笑)。何よりお前のずんぐりむっくりロボよりマシだろ、と言われたら返す言葉もございません。

河森先生がイベントでおっしゃられていた通り、「ヒーロー系ロボで頭部が無いのは、最近日本では広く受け容れられ難い」という台詞に尽きる気がいたします。バックパックとかカッコよく作り込んでいると思うんですよね。

#8107
8107thumb.jpg

……城? 
いや!
そんなことよりHIKARUを見ろッ!!!
KATANA.jpg
なにぃぃぃぃ、ビームをオーゴンのカ・タ・ナで弾いたァァァァァッ!?
ついに事ここに至って、ロボ要らないこと判明。
もちろんHIKARUはKEIKEN SENSEIの教えを守ってZEN-FORCEでカ・タ・ナを十字にクロスさせたからこそ弾けたのですけどね(九割妄想です。信じないように)。

部品解析しようにも「戦隊」に目がいって長時間見ていられません。参謀さんと私が一番期待したト・リ・イGATEは、こんだけデカデカと描かれているのにイラストだし。部品に入ってないし。
とにかく金のカ・タ・ナのためにも、皆買うべきだと思います。マストバイアイテムと言えましょう。

#8108
8108thumb.jpg

そしてこちらがモトラッド艦隊間違えました敵側エクソドロイドの最終要塞兵器です。
側面装甲を開くとドロイドが貼り付いてる様ですな、これ。
MTTが欲しい間違えました小型機も付くし最終決戦仕様のKYOのロボもカッコいいしプレイバリュー高そうなセットですねー。
■City
先日お伝えしたSeaportシリーズに続いて、Train系も含め数点ボックスアートが上がってきました。いずれ劣らぬ逸品揃いかと思います。

街ファンにはたまらない、記念すべき年になりそうですね。
私にも出来そうな事を2、3思いつきました。時間と相談しつつチャレンジしたいな。

#7996
7996thumb.jpg

Ⅹ字クロスレール。ホーム直前とかで列車の入れ替えに使うやつですか。2006年に出されたスイッチトラックの発展版。
ダブルクロスのポイントはXかIIにしか切り替えないので、レバーが1つ余計かつ脱線する様に見えますが、スプリングポイントなので閉じている分岐から進入しても脱線しません。
…詳しい意味は質問しないでください。下のコメントでなんか詳しそう人たちが会話していたのを丸パクリしましたので。

#7997
7997thumb.jpg

これはいい!これは素敵!
郊外のこじんまりとした小さな駅舎の様子を、少ない部品でシンプルに表現してます。特に駅舎全体を覆う屋根のディティールに注目!LEGOのオフィシャルセットは、常に部品数やコストと折り合いを付けていかなければいけないわけですが、その厳しい条件の中で、よくぞここまで雰囲気ある造形を出せるものだと感心します。
写真を見た途端「これすごい!」と思わず口走ってしまいました。建造物の肝が表面の凸凹にある事をよく心得てるビルダーの作品だと思います。部品的には、「STATION」をはじめいくつかのプリントパーツに期待。来るか黒屋根ブーム。

ところで、今回の駅舎には久々にレールが付いているのですが、もちろん同梱されるのは非通電レールなわけですよ。
「君の駅には、もう9Ⅴは流れないよ」。
わざわざ予算を割いて、非通電レールを普及させる…RCトレインが拡充していく中、残された者たちの必死の叫び。貴方には聞こえるか。


#7998
7998thumb.jpg

はいはい。8幅8幅。
ミニフィグを乗せるフル・トレーラーは初めての製品化ではないでしょうか?緑メインのダンプトレーラーということで、工事現場もだいぶ華やかになってきた気がします。

ダンプのバケットは、前回の巨大ダンプトラック架橋運搬トラックに続いて、やっちゃった系巨大部品の様です。もっとも、こういった荷台部分の部品数を削減して大型商品をラインナップできる様になったのであれば、痛し痒しというか仕方のないトレードかと。
買ってきたユーザが不満であれば、その部分を新たに自分で作れば良いわけで、そこもLEGOの良さかもしれませんね。

…で、こんだけ緑なのに、またもや緑のポチスロは無いっぽいですね。ハハハハハハ…抗議のコメントはこちらで受け付けますぜ。>全日本ポチスロ連絡協議会の皆さま

ポチスロを使ったタイヤ止めが可愛い。シャーシ部の室外機系は横組みでしょうか?面白いアイデアですね。
■Batman
まずは今年も新作が出たことを喜びたい。食い散らかしじゃないことは大切だと思います。やるからには腰を据えてジックリと攻略していただきたいな、と。

さて、そろそろ原作を御存知なくてLEGOから入った人に注釈申し上げねば!という感じなのですが、原作のBatmanは「ひたすら圧倒的な近代兵器に乗って悪人を駆逐する物語」ではありません。
原作は、作者やシリーズタイトルによっていろいろ振れ幅はありますが、「精神を病んで禍々しく変貌した悪漢が、Batmanを巧妙な罠で孤立させたり苦しめたりする。Batmanは、その苦境から、持ち前の凝り固まった鬱屈&不屈の精神で反撃し、最後は悪漢を殴り倒す。でも、後味の悪いビターな結末が待っていることも多い」とか、そんな感じのお話です。
でもまぁ、上のお話だとちっとも玩具が売れないので、玩具企業と契約を結んだ途端、玩具屋さんでボートやパワードアーマーやジェットに乗っちゃうのは否定しません。

#7786
7786thumb.jpg

ていうかもう軍用ヘリじゃねーか!
そのうちスカッドにまたがったBatmanのセットが出て「#7777 BatMissile」とか出ちゃうよ。
え…?
ミニフィグの足だとミサイルにまたがるアクションは出来ないよって?やかましいわ!

なんかせいぜい垂直尾翼がコウモリの羽部品だとか、その程度しかBatVehicleらしさが残ってない様な…黒く塗れば良いってモノでしたっけ?>アメコミ系コメンテーター
ヘリvs複葉機ガチンコ勝負って世界観は嫌いじゃないんですけどね…。
すみません写真がピンボケなので部品系は語りようが無いんです(笑)。
敵役はカカシ怪人Scarecrow(スケアクロウ)。

#7787
7787thumb.jpg

ナゾナゾ怪人Riddler(リドラー)Bane(ベイン)のアジトへの突入。
…タンクで。
またも申し訳程度にキャタピラの横にコウモリ尾翼が飾ってありますな。
なんつーの、テロリストには相応しい仕打ちの様な気もしてきましたよ。ある意味、post9.11/U.S.A.的なシリーズと言えなくも無い…。

細かく見ていきましょう。
Riddlerの脱出装置、小さくて可愛い(笑)。昔の宇宙シリーズに、こういう一人乗りモバイルあったよね。
門の手前、タンクの横にいる悪党に注目。乗っているのは新型バイクを使ったサイドカーと思われます。新バイクフレームに、フルカウルではない新型のオフロードバイク外装を付けているようです。色はダークグリーンかな?ちなみに悪党は新登場のベインの模様です。
アジト内に散在する緑色の部品は、超マッチョ銀行強盗怪人ベインの参戦により、ドル紙幣プリントタイルの可能性が濃厚になってきました。
主役のバット戦車に目新しい部品は見当たりませんが、こういう第一時大戦チックな両側をデカイキャタピラで囲まれた戦車大好物なので、このセットは買ってしまいそう。
■MarsMission
アイツらが帰ってきちゃった!
…げふ、げふん、すみません言い間違えました。い、言い直しますね?
アイツらが帰ってきちゃった!
あ…?あれ、変だな…、い、言い直しますね。あ、あれ、おかしいな、目がくもって…なんか…前が…
彼らは戻ってきた!今度は戦争だ!!
SPACE...oh, oh, my space.....

…と、言う感じの受け止められ方の様です、大勢は(笑)。
個人的には、そんなに酷くないと思うのですけれど、Ambassadorの皆さんを通じた『SPACE WILL BACK!』という事前プロモーションが期待を膨らまさせ過ぎたのかな、とも思います…。
ヴィンテージ・イヤー(葡萄の当たり年)と断言出来る2007年の中で、SPACE愛好家だけはまたも貧乏くじかよ…という空気が広がっている模様。

具体的に見ていきましょう。

#7690
7690thumb.jpg

火星基地セット。
前回火星なアイツらのエネルギー生産拠点だったはずのチューブテクノロジーを使った基地に、なぜか黒いバイザーで視線の見えないミニフィグがいっぱい…。しかも武装化してる…。
…そもそも基地セットは普通、最大番号で一番最後にくるはずなのに、なぜ最初のセットに…?
まさか…
まさか…
まさか…
全ての始まりは人間側にあるんじゃないだろうな!!?

右端で発進しているシャトルの後部、噴出口近くに、大きめの細長いカプセルが2つあるのがお分かりになるでしょうか?
これから紹介する人間側の主要な兵器に、このカプセルが必ず付いていることを確認していってください。
カプセルの中は判然としませんが、どうやらチューブ内を移送しているモノと同じモノが収納されている様です。

彼らは…火星で「何を」知ってしまったのでしょうか?

#7691
7691thumb.jpg

…何か…遠い…遠い何かの記憶を刺激されるようです…でも…思い…思い出せない。
いや、でも、冗談抜きで、「地球上ではない異星のテクノロジー」を描く時にSFビジュアルが使用する記号を丁寧に盛り込んだ、よく出来たセットだと思うのですが。

Eurobricksな皆さんはお気に召されない模様。ちょっと、後でClassicSpace.comの本職さんたちの感想を覗いてきますね。[追記:読んできました…。記事中に書くのもアレなのでコメントに書いておきます…。]

#7692
7692thumb.jpg

フライングカーゴ。Matrixのプロダクトデザイナーと同じ源泉を見て作ったなぁ、という感じ。
中央に小さく見える揚陸調査車を合体して運ぶのだと思います。というか、そうであって欲しい。価格は少し高そうな気がしますけど。
先ほど基地のところで話したカプセルがハッキリ確認できるセットでもあります。

あ、火星人は、前回よりやや痩せた顔になった気がするのですが、どう思われます?

#7693
7693thumb.jpg

スマートな火星人側の小型機です。黒が締まってて前進翼的なデザインもカッコいい。何かに、何か記憶がざわめくのですが…。

採掘車が襲われていて酷い!と思ったその採掘車の後部カーゴには拘束された火星人が!!!
一体何が、火星で一体何が起きているんだ!?
ミニフィグの右手に光っているモノも物語の鍵だと思います。

#7694
7694thumb.jpg

戦争を決意したらしい。

#7695
7695thumb.jpg

注目したいのは操縦席。なにか無理矢理寝そべって乗っている上に操縦デバイスが見当たらない気がするのですが…。
よもやオフィシャル製品すら念力で操縦する様になったのではあるまいな。

#7697
7697thumb.jpg

ロボタンク。
………。
フォーラムでは「エクソ宇宙へ」だの「これだけはクラシックスペースの伝統="ロボなんだか欲しくない"、を受け継いでいる」だの言われ放題です。
流石に私も、このセットのデザインはどうかと思う。

でも安心してLEGO社。キャノピーさえ無地なら買うよ。馬鹿買いするよ。

#7699
7699thumb.jpg

アーマード・ドリリング・ユニット!
カッチョエエエエエエ!!(笑)
独立6輪稼動、犀やカブトムシを連想させる重厚なフォルム、無駄にデカイ掘削用ドリル(撃ち込む稼動ギミック付きっぽい)、バイクを搭載する小型輸送機を搭載する親亀子亀孫亀システム、火星人5体つき!
各所で「これだけは買う」の呼び声も高いです。今から楽しみなセット。
ジックリ見れば新部品も見つかりそうな。

  *  *  *

このシリーズ、オレンジがメインカラーの様なので、1x1プレートのオレンジを今度こそ期待したい!

残念なんかじゃないんだからね!!!!!(つ▼T);;;
■StarWars
詐称荒らしの悪意もあって情報が錯綜し、御迷惑をお掛けしたStarWarsシリーズ。
ただ、コッパー色のR2ヘッドが見られたり、実際ホス基地のセットは登場予定濃厚だったり、完全に誤情報と言い切れないところもありつつ…。
先ずは以下3点のボックスアートが到着。

#7660
7660thumb.jpg

事前情報どおり、初回セットとUCS版を混ぜた様なデザイン。特に目新しい部品や組み方は無さそう…?
アナキンの横にいるパイロットの服がかっこよさげです。ちなみに版権ものなので肌色フィグ。
バルチャードロイドは、LEGO史に残りそうなダメっぷりで未だに在庫が時々流通している前回から格段進化!今回は差し替え無しで左右のユニットが展開したり、回転して脚になったりする様です。…こうでなきゃね(笑)。

#7661
7661thumb.jpg

エッジさんの情報通り、エピソードⅢ版のハイパードライブリング装備で登場。改良型ジェダイスターファイター。素直にカッコイイです。
黄色、限定セットで出た濃赤、今回の濃青で揃えて編隊組ませると素敵だろうなぁ。

ちなみに、このモデル、メインキャノピーが前後対称の曲率で設計されており、初回モデル登場時は、あまりの使い勝手の良さにプリントをせっせと消して自作宇宙船に投入する人が続出。無改造主義者としてはうらやましかったものですが、今年どうやらMarsMissionのセットの方で、プリント無しキャノピーが登場の様子!楽しみです。

#7662
7662thumb.jpg

このモデルの事前情報で「バトルドロイドが16体」と流れた時、レスで「この情報は嘘だ!LEGO社がそんなにコストの掛かる商品を出せるはずがない!16体?( ̄ー ̄)」と、言った人がいました。
LEGO社の人に謝るとよいと思うな(笑)。
とはいえ、その人でなくても箱を見るまでは信じられなかったでしょう。前作からもの凄い勢いで進化しました。
デストロイヤードロイド(一番左側に居るヤツ)はコッパー色の部品で作られている様子です。
■Cretaor
先日も書きましたが、品番が飛んでいるので、まだ2、3セット商品が出てくるかもしれません。
注目はなんと言っても新ハウスデザイナーでしょう。「そろそろ赤以外の屋根の家が欲しいかも…」というユーザの願いをガッツリ採り込んだ品の良い家の造りは見事の一言です!
Technicと共通で導入された新型Electric部品の数々にも注目。Mindstorms NXTで採用された外観デザインを踏襲/共通化しているのは遊びの連携も考えてのことでしょうか?

#4954
4954thumb.jpg

玄関前の階段を上がってファーストフロアに入り、採光と通気を考えた地下フロアが存在する。ビクトリアンハウスをはじめ欧州の家で多く採用されている建築方式です。
タン壁、黒屋根とクラシックかつオーソドックスなスタイルが嬉しい。角の石積みの様子にタイルを使うのはBrickshelfで見られる、家ビルダーに近年流行の表現技法。

#4957
4957thumb.jpg

マイクロスケールの観覧車。この大きさとは言え、テクニックビームを使用しないで強度的に大丈夫なんでしょうか…?(@◇@)ノノ識者のコメント求む。
3rdモデルはもしかして稼動橋かな?私の眼が確かならば黄色のマカロニ部品もたくさん手に入りそう。なかなか面白そうなセットです。

#4958
4958thumb.jpg

黒い恐竜セット。背びれみたいな角が蛍光部品で表現してあるみたいだけどなんで光ってるんでしょうね(棒読み)。
これ、凄いですよ。
箱の説明図を全て信じるならば、前進後退して口が開閉して腕を上下に振って(おそらくここまで連動)、喉の奥から叫び声が鳴って、これらをリモコンで操れる様な…ZOIDSもビックリなんですけど。
何より、こんなに貧弱な足の裏で歩いてる最中に倒れないんでしょうか?
ま、まさか擬似動歩行で体重移動するのか?(…しないよなぁ)
買ってみました。
未だ部品目録にも登録されていないみたいだし「仕方がない」ですよね(自己説得完了)。
BIONICLE20073.jpg

では早速中身を見てみます。ブログの反応次第で直ぐアップしようと思っているうちに寝てしまったのは秘密です。
入っていたLEGOの全パーツは、以下の写真の通り…はい、ドン!

2007CASTLEのラインナップ5箱のBOXデザインが出揃いました。
ソースは前回同様SCANDIMEX。チェコのLEGO通販サイトです。画像は、おそらくですが小売業者用カタログから。

画像クリックで拡大します。
#7090 Crossbow Attack
7090thumb.jpg

骸骨馬基本セット(笑)。骸骨馬、盾、など欲しい新部品がセットで小箱に!感激です。この箱では、骸骨のプリントがスタンダードのものに戻っています。このままいって欲しい!

#7091 Knights Catapult Defense
7091thumb.jpg

"定番"カタパルトセット。新茶、濃青、シャンパンイエローの構成。昔なら赤青黄で出ていたところですね。王国側の盾のカラーは以前の情報より美しくなっています。
骸骨の腕が、予想通り「骨のある」新部品になっているのが確認できます。骸骨の顔が何種類かあるのかな?という点と、兵士の持っている昔ながらの剣が2色塗り分けかもしれない点をチェック。
メガブロックの如きフレイル(モーニングスター)は、いただけません…。

#7092 Skeletons' Prison Carriage
7092thumb.jpg

囚人護送馬車。値付け次第によっては、こちらのセットの方が骸骨馬のコストは安いかも?(馬3頭立て!)
王国騎士の兜が、「王子様のお城(ファルコン城)」時代のずいぶんとクラシックなものにまで戻っています。ラインナップ全体にわたって銀ラメで成型されていそうなのは、メガブロックの悪影響でしょうね…。
ところで黒い骸骨馬消えちゃった?(T▲T)
[追記]
唯一残されていた小箱#7009 Final Joustで、黒骸骨馬が入りました!後から考えると推測して然るべき状況だったかも…。いやぁ、複数買い決定ですか?

#7093 Skeleton Tower
7093thumb.jpg

今回一番ビックリの敵の本拠地。
ちょ、悪いこと言わないから黒骸骨馬付けなよ!このままじゃ誰も買わないよこのダメ本拠地。
姫の髪は新規カツラかも。レイア姫カツラ、通常オカッパ、と3等分の可能性かな。檻は恐竜尻尾の白とエクソドロイド腕の白で構成。
でも買わないだろう…これ…。

#7094 King's Castle Siege
7094thumb.jpg

骸骨の持っている新刀部品は、肉斬り包丁の様に手に持つグリップ部と、鎌の先の刃にするクリップ部が付いている多機能部品ですね。

  *  *  *

前回の記事で、準備稿ボックスアートはティーザーポスターよりも前にデザインされたのではと書きましたが、私が間違っていた様です。カタパルトセットなどを見ると、カラースキーム等、ティーザーポスターのそれよりも一層洗練されている感じがします。

LEGOお城系ファンコミュニティのCLASSIC-CASTLE.comでの表現は「CASTLE RETURNS IN 2007」。「戻ってきた」…なんのかんのと言っても、結局昔の製品が優れていたという懐古の気持ちは誰も変わらず。Eurobricksでも概ね好意的意見が大勢を占めている様です(※#7093と#7094に写っている変な非LEGOのオモチャを除く)。

伊達に『CASTLE』とシンプル名称に戻っていない、と言うところでしょうか。
「我々は失った損益分を取り戻せると考えているし、そのために何をすれば良いかも分かっている」---時を取り戻すのに、遅過ぎるという事はありません。Keep the way you're going, LEGO!
ソースはEurobricks。コミュニティ参加者で業者カタログを見た人間からのリークです。

The Riddlerを追跡するバットタンク
Scarecrowを捜索するバットコプター

の2セットを見たとのこと。
タンクはかなり平べったく、SWのSandcrawlerと同じ薄いゴムキャタピラを使用している様子。
The RiddlerとScarecrowは、2006年のトイザラス流通限定セット#7785 Arkham Asylumにのみ含まれていたミニフィグですので、この2体の一般流通、という意味合いもあるのかもしれません。

個人的にはGothamcityの街角セット(ゴシックな屋根情景込み)とか出て欲しいんですが、やはりお子様向けのVEHICLEラインで押せ押せということですかね。

写真は出ていないみたいですので、続報をお待ちください。
正月里帰りのついでに、湘南藤沢ショッピングセンターに入っているclick brickを訪ねてみました。

fujisawa01thumb.jpg
初売りでにぎわう藤沢のショッピングセンター。click brickも例外ではなく、家族連れが多く訪れていました。白基調の明るい店内は、他のクリブリ店舗同様です。店内面積はお台場店と同じくらいでしょうか。
500円のLEGO籤はここでも開催されていました。1等の大箱を引き当てた子供達の記念写真が引き伸ばされて貼られていて射幸心を煽ります。
「お婆ちゃんに500円もらったやろ、やってみなさい」子供の全財産を投資に誘うお母さんの声が、面白い。

fujisawa02thumb.jpg
藤沢店の特徴は、軽食と休憩スペースを提供する05CAFE。さらに奥には、子供達を集めてLEGO DACTAを素材に知育教育を行うEDUCATION CENTER教室があります。

fujisawa03thumb.jpg
初売りのRACERSは8セット全てを発売。ビルドの過程を実際のセットを使って見せるディスプレイが直感的で素晴らしい。センスあります。
TIE ADVANCEDもまだまだ在庫がある様子でした。灰色さえ(以下略)。

とりあえずTiny Racersの4セットを買って帰りました。
初売りの参考までに、それぞれの構成部品リストです。
各イメージのクリックで部品リストへ飛びます。
#8130#8131#8132#8133
菅笠さんの初売りレポートでも、部品一覧写真を見ることが出来ますので、参考になさっては如何でしょう。
そんなわけでSW2007夏の3作品確定版~。
ソースはBricklinkのフォーラム、投稿者はコペンハーゲンで小売業者用カタログを見て発注してる人(業者?)。
今回のデマ誤報騒ぎ(←詳しくは「続きを読む」に書いてあります。)を聞いて、「私の知ってる情報と随分違うんだけど残りの3セットはナニなんだい?」みたいな確認のために投稿をしてきているので、さすがに間違いない情報だと思いたい。
…少佐つかれました~オイルを要求する~

#7660 Naboo Fighter
旧セットの再デザイン版。#7111の再デザイン版もセット。
フィグ2体付属(※追記:クワイガンと子供アナキン(短い脚部品))

#7661 Jedi Starfighter with Hyperring
ブルー/ダークブルーの配色。
オビワンおよびキット・フィストー(新規)のフィグ付き。

#7662 Trade Federation MTT
再デザインにより大型化、16体のバトルドロイドを搭載。
2体の警護バトルドロイド、2体の操縦バトルドロイド、再デザインされたデストロイヤードロイド付属。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。