HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早速トロールだけ買ってみたので、部品?レビュー(笑)。
troll-review

←トロールの手は、ミニフィグの足を掴んで振り回せる様に設計されているので、上の写真の様にほほえましい組み合わせも可能となっております。
←皆さん気になっているはず(…)の背中と頭のポッチですが、地面に対し水平に配置されており、ちょうど4ポッチの長さ。
 リンク先の写真ではアーチを使っていますが、普通のプレートでもペッタリ貼ることができます。
←足を広げた幅も、腰の幅も3ポッチ幅。
 ただし腰は(期待に反し)わずかに3ポッチより横幅があるため、普通のブロックに組み込むことはできませんでした。
 腰鎧などの拡張のためには、バーやクリップで対応してやる必要があります。
←足回りも使いづらい…っ!
 これまた四方にハミ出ているので、靴など増加装甲も一工夫が必要になりそうです。

やっぱり塗装は止めて欲しかったなぁ、とか、ヘルメットが外せたら面白いのになぁ、等いろいろ不満点は残りますが、とりあえず大きな進歩と言って良いんじゃないかと。

以上です。興味をお持ちの向きで、聞きたいことがある方はコメント欄を利用してくださいませ。
スポンサーサイト
#10184 Town Plan のセットの箱裏に添えられている、LEGO創業者の孫KKKから手紙を訳出します。

原文はいつもどおり「続きを読む」に格納してありますが、Brickshelfにアップされていた写真から、はくしゃくが目視で書き起こした英文のため、やや不明瞭な部分もありますし超訳の不正確さに拍車を掛けている気がします。
また正確な原文が手に入り次第、修正するかもしれませんが、ニュアンスだけでもお楽しみください。

kkkletter.jpg
========================

お客様へ

LEGOブロックの特許出願50周年の2008年に向けた、この記念モデルのデザインを手伝うのは大変楽しいものでした。

私はモデルをデザインしているうちに、私自身の子供時代の遊びを、そして今日知られている形のLEGOブロックが開発されるまでに要した長い年月を、思い返しました。

1949年に発表された最初のレゴ・ブロックは、裏側が空洞で、各辺に窓やドアをはめるためのスリットが設けられていました。LEGOの文字は刻印されていませんでしたが。
これは1954年に標準製法となっていましたが、1956年になって、ブロックのつまむところ(knob?この辺やや細部不明)でなくブロック上面にLEGOのロゴを刻印する様になりました。
刻印箇所の変更を機として、さらなる改良が製造作業部会で主要問題となりました。私の父 Godtfred Kirk Christiansen が大きく関わった、ブロックの結合力を強めるという課題です。

LEGOブロックの結合力増強を目指したのには、二つの理由があります。
一つには、会社の根本的信念「遊びに無限の可能性を(unlimited possibilities of play)」。これを言い換えるなら、LEGOの部品を使うことで、組み立てられないものがあってはいけないのです。
そして二つめは、子供たちにとって「最上のものこそ必要なもの(Only the best is good enough 耳慣れた表現なら"子供たちにとって良すぎるものは無い")」という私の祖父 Ole Kirk Christiansen の哲学です。

最初期のブロックの試作品は、内部に2本の円筒を設けていましたが、それが市場に出回ることはありませんでした。充分良いものでは、無かったからです。
そして1957年、ついに解答が見つかります。どんな状況でも完璧な3点支持が可能な、内部に設けられた3本の円筒です。

私の父親は、この発見が競合社に類似の解法をもたらすかもしれないと充分承知していました。
そこで彼は、結合力強化の類似解決法の研究を続けて、4つの別解答を見つけました。そのうちの一つ、円筒の代わりに3つの十字を設けるやり方は、LEGOの製品として日本イタリアで実際に発売もされました。

1958年1月28日、正確には13時58分、私の父は『組立ブロック玩具に関するデンマークにおける特許』を出願しました。この特許には、何枚かのスケッチと射出成形金型の原寸が含まれています。特許は、それから33の国々で登録されました。


そして時が経ち、世界中の子供たちがLEGOブロックで遊べるように、と言う私の祖父の夢は実現しました。今までに4,000億個以上の部品が生産されました。これは単純計算にして、地球の全人類が平均62個のパーツで遊んでいることになります。

製品7001番は、今お話した新特許のLEGOブロックが使用された最初のセットの一つです。
ですが、この記念すべき年に我々がLEGOブロックを特別なモデルで祝賀するには、やや味気なく思われましたので、1958年に発売されたLEGO System of Playの一つ、#306ガレージから発想された作品をお届けする事にします。

敬具
Kjeld Kirk Kristiansen
 
待望の #10184 Town Plan のパッケージアートが公開になりました!
10184thumb.jpg

以前から部品一覧は明らかになっていたのですが、全体のセット構成が見られるのは今回が初めて。
10184backthumb.jpg

BrickJournalを通じて、個々のモデルの写真も明らかになっていますので、ここに並べておきます。


公会堂
ガススタンド
映画館

公会堂内部

ガススタンド内部

映画館内部その1

映画館内部その2


Back to 50's !!
レゴ社が「レゴ・ブロック」の鋳造金型の特許を取得した1958年から50周年を記念して、今回のセットがリリースされました。
先代社長にして創業者の孫Kjeld Kirk Kristiansen(KKK)が発表したプレスリリース
によると、デザインの発想は1958年にリリースされた【#306 Garage】を基にしていると書かれていますが、ボックスアートから分かるとおり、実際のリメイク元は1961年発売の【#810 Town Plan】と考えるべきでしょう。

このセットは、モヂュールタウンのラインナップでは無い、という事になりますが、先日のインタビューで、CafeCornerのデザイナーは「古い町並みの再現を念頭に置いていた」と答えていましたから、モヂュールタウンとの相性は良さそうです。

個々の作品は、#10182 CafeCorner と比べてしまうと、数段落ちるシンプルさ。
ですが、公会堂(CityHall)、オイルスタンド、映画館、広場、自動車を揃えて街並を広げようとする「意思」、それは確かに50年前にLEGO社が#810で目指した「町づくり」のコンセプトそのもの。
深読みすれば、応用範囲の広い平易簡素な部品を2000ピース提供することで、自分なりの街を作り出すための「素材ボックス」として、その構成も見えてくるかと思います。

余談になりますが、パッケージに出ているオジサンは、KKK御本人。
50年前もモデルとして#810のパッケージに出ていた
のが、今回50年ぶりに登場、ということの様です。
変わりゆくもの。そしてそれでも、変わらないもの。


海外発売は2008年1月の予定です。
モヂュールタウンは2008年前半、これ以外に「青果食料品店」のセットが控えているのか。楽しみすぎる(笑)。
2008年のExoForceの実物画像が出回りましたので、お届けします。
画像初お目見えの商品も2セットあります。

最大の注目ポイントは、ポチスロパーツの変わり種"1x2 グリルポチスロ"とでも言うべき部品が登場した事です。
ロボの胸エアダクトのためだけに開発された様なデザイン(笑)ですが、その小ささとグリル装飾のシンプルな一般性から見て、広い応用範囲を持つ要注目部品になりそうです。
exo2008newparts.jpg
ザッと見たところ、新濃灰、ライム、黄色の3色が確認できました。

以下各製品の実物画像です。出回っていた画像を、現実的なサイズにトリミング/縮小/色調補正しています。
先に御覧になっていた方も、より見やすくチェックできると思いますが、一点につき500Kbyte近い画像が直リンで開きますので、御注意下さい。

#8111 River Dragon

#8112 Battle Arachnoid

#8113 Assault Tiger

#8114 Chameleon Hunter

#8115 Dark Panther


以下の2セットは、今回初お目見えの製品です。
今回のジャングルシリーズにおける、味方側/敵側最高額商品。
#8117 Storm Lasher

#8118 Hybrid Rescue Tank

BrickJournal誌の第9号が発行されました。

今号は、TwoMorrows Publishingのサイトから無料でダウンロードが可能です。
ただし、ザッと眺めたところ、今回は読者として情報登録が必要みたい。

そして次号、2008年2月からは、ついに紙媒体の出版物として創刊!
有料の購読雑誌となるそうです。編集長Joe Meno の夢が、一歩前進!と言った感じでしょうか。
購読に御興味をお持ちの方は、上記同サイトから購読予約も可能です。
LEGOで作品を組んでいて、こんな部品があったなら、こんな色があったなら…よく思いますよね。
では、思っただけでなく「切って作った」人はいますか?「塗った」人は?
よく出来たLEGO互換のアマチュアガレージパーツを見て、「これなら使ってもOK!」と思った事は?
素晴らしい出来の作品!でもあの部分の接続はどうしたんだろう?なんだ改造パーツかよ!?と
ガックリ来た経験は?素敵!俺も改造してみよう!と喜び勇んでニッパーを取り出した経験は?

ちょっと面白い「お遊び判定」ツールを見つけたので、ご紹介します。

Dave's Lego Site の Lego Purity レゴ純粋主義テスト。

これは、貴方がどれほど、LEGOにPUREであるか、つまり「純粋、フェア、伝統的、原理的、保守的、懐古的、排他的、固定観念的、古典物理学的」であるか。
そして、貴方がどれほど、LEGOにINPUREであるか、つまり「不純、混沌、柔軟、寛容、自由、革新的、現代的、無規律、量子論的」であるか。
それを明らかにするテストです。

この判定ツールの面白さは、他の類似ソフトと同じくですが…
・自分の指標が0~10の数字で示されて他人と比較できること
・予め入力した「自己診断」と、どれほど近いか/遠いかで、「自己把握/自己実現」も示されること
・LEGOに関して「pure」であることの、Daveの考えと自分の考えを比較できること

…ま、難しく考えないで試しに遊んでみてください。
英語や項目で分からない部分があったら、「続きを読む」に、HMSLによる簡単な和訳と解説を御用意しましたので、参考にしていただければと思います。

はくしゃくの「purity」、自己判定は 、回答による判定値は 8.77 でした。( ̄▼ ̄)
すべからく許しませんことよ!
新製品リークでは発信源となることの多いチェコのLEGOユーザグループのサイトで、業者用カタログのフルスキャンが公表されました。

ここ1か月の写真情報は、ほとんどがこのカタログに基づくものですが、今回明らかにされた内容には、City上半期全貌、Creator上半期全貌など、さらなる初出の写真が目白押しです。
既出のページはCastle、StarWars、IndianaJonesの3見開きだけと言ってよく、しかもそのページも今までの中では一番解像度が良いと思われます。

以下、各ページへの直接リンクを用意しましたので御利用ください。
カタログリストのサムネイルを一望して、気になったページを拡大できる様に[特設ページ]も開設しました。併せて御利用ください。

2008年上半期業者用カタログの全ページスキャン
2008 retail catalogue thumbnail
========================
Cover
Release Schedule
Contact Information
========================
Impulse
Basic
Creator

City(Cargo/Post)
City(Police 1)
City(Police 2)
Castle
ExoForce

StarWars
IndianaJones

Racers(TinyTurbos)
Racers(Pull-back)
Racers(Ferrari)
Racers(SpeedRacer/Mach-GoGoGo!)

Technic
Bionicle 1
Bionicle 2
Bionicle 3

Belville
Duplo(LEGO Ville)
Duplo(Dinosours)
=======================

新部品やデザインの変更など、気付かれた事は、どんどんコメント欄に集積していきましょう。
初めて御覧になる皆さんも、コメント欄の見所をチェックしつつカタログを御覧になる事をお勧めします。

では、楽しみましょう!
以下は、2007年10月1日付けで、LEGO社から各Ambassador宛に手渡された文書の超訳です。
例によって細かいニュアンスの違いはあると思いますし、内容の正確性を保障するものではありません。原文は「続きを読む」に格納してありますので、御自身でお読みになりたい方は御利用ください。

内容は、2009年の新トレインシステム、そして9Vトレインの今後に関するものです。

FAREWELL9V.jpg

では、どうぞ。

======================

各位

皆さんの多くは、9Vトレインシステムに関して現在進行中の議論にお気づきのことと思います。
私たちに対し、様々なチャンネルを通じて直接ご意見を賜っていることに、感謝を申し上げます。
多くのLEGOファンとのディスカッション、コンサルト、そして重大な企業意思決定に基づき、私たちは一つの解決法に注目するに至りました。
それは、トレインシステム2種を維持する煩雑さを解消し、現行の9Vシステムとリモコントレインシステムが抱える課題を解決するためのものです。

私たちは近い将来に、全年齢に応じてアップグレード可能なトレインシステムを構築します。

LEGOグループは、9Vトレインの行く末に関して長期間熟慮を重ねてきた結果、収益面/市場競争面において十全足りえないとの結論に達しました。
現状の生産機器は撤去の時期に来ており、外注メーカーにモーターとスピードコントローラーを発注する場合、最小ロットを考えても、グループが投資として考える金額はあまりに高価なのです。
結果として、現在販売されている9Vシステムの部品は在庫限りの最終販売ロットとなり、その後9Vシステムに関する部品生産は終了されます。

LEGOグループは2009年に、新型LEGO給電システムに基づく新トレインをリリースします。

この新システムを用いることによって、新トレインシステムはテーマ/ジャンルを越えて電動部品を享受できるようになり、トレイン限定部品の製作の必要性がなくなることによって、総合的にコストダウンを図れるようになります。

現在、新トレインシステムは初期開発段階ですが、新システムをLEGOファンコミュニティによって要求された特徴/機構仕様に合致するものにすべく、何人かのLEGOファンに既に開発プロセスに関わってもらっています。
このコラボレーションは、LEGOグループにとって大変重要なものであり、私たちは成年LEGOファンコミュニティの協力を可能な限り得たいと考えています。

ドイツHolger Matthes(訳注:Matt!トレイン系の偉い人。)、新システムの開発プロセスに関わってもらている現行ファンメンバーの一人は、現状を以下の様に説明してくれています。
『LEGOのトレインシステムは非常に特殊で、異なった客層の異なった要望を満たさなくちゃいけない。
子供部屋での遊びやすさと広げやすさ、始めやすさから、ちっちゃい子たちの玩具である一方で、
リアルな外見と機能のトレインによる、巨大レイアウトを組み立て可能な、大人のホビーでもあるんだ。
LEGOグループはこの事に気づいているし、両方の要望に応えようと頑張っている。ニッチ商品でもあるトレインに対するコスト面など、与えられた制約の中で、ね。』

新型LEGO給電システムをトレインにも適用することで、LEGOグループは、将来的にLEGOトレインファンコミュニティの願いや要求により幅広く応えていくことができるようになるでしょう。

米国Steve Barile,ILTCO代表も本件に関わっており、以下の様に述べています。
『僕は、新型LEGO給電システムに興奮している。線路際の様々なアクセサリを稼動可能にする上、それを自動化したりインタラクティブに実現する可能性を秘めているからね。
線路も完全にプラスチックとすることで、新型LEGO給電システムは、革新的な線路レイアウトを可能にし、LEGOファンとLEGO社の間で改良し続けることを可能としているんだ。』

このLEGOファンからのメッセージで、あなたは将来のシステムで何が実現されうるかの印象を抱いたことでしょう。
新型LEGO給電システムに関しては、引き続きお知らせしていく予定です。
年末前には、より多くの詳細な情報を共有できるものと思います。


2007年10月01日/ビルンド
Richard Stollery, Head of LEGO Community Development
 

eBayに出品されている製品版パッケージが確認されました。


・トロールの目、塗っちゃったかぁ…残念。
・ヘルメットも斧の刃もメガメガしく細かいディテーリング。
・鉱山トロッコの、斜めプレートとドアの組み合わせはお見事なビルド。
・2種類の新ヒゲ。
・ゴブリン(オーク?ミニトロール?)は、なかなかの面構え。手もサンドグリーンで確定。

他、何か気づかれましたら、コメントお願いします。


4996.jpg
素晴らしい出来だ!
掛け値無しに、そう断言できます。
テラス、中庭、バーベキューグリル、中庭にしつらえられたシンプルな机と椅子、パラボラアンテナの少ない部品使いも流石。往年の#6365 Summer Cotage を連想させる黄色の壁、そして背中側を開くことなく中を楽しめる開放感と採光性に溢れた窓の造り。どれを取ってみても上質の一言。

今までのHouseシリーズの半分程度のベースプレートに収められた、この家モデルこそは、まさしくLegoland、ミニフィグスケール。
こんなセットがCreatorからリリースされるとは。ブラヴォー、ブラヴォー!
#7734 (Big Cargo Airplane) の画像です。グラデは…やめましょうよ…。
cargoplane.jpg
クリックすると、この画像を含む業者カタログ表紙(1326x1756pxl)の画像に飛びます。
■ 毎 月 掲 示 板 ■

===============

凸 月ごとに記事形式で立ち上げる「何でも掲示板」です。
   ツールの性格上、一方的発信になりがちなHMSLの状況を補正するサポート企画。
凸 コメント欄を使って何でも書いてくださいな。新規話題や流れに関係ない話題も歓迎よ。  
   LEGOに関係する雑談、HMSLへの要望、などなどに御利用ください。  
   はくしゃくへの質問なども受け付けますよ~。  
   新情報とかあったら書いてくれると私が楽になっry
凸 私も、何か思いついた雑記などは、ここに書くようにします。

===============

【今月の見通し --- What's playing on ? '07 October】
6日
・Technic クリブリ限定発売
 #8275 テクニック・電動ブルドーザー ¥19,990
 #8274 テクニック・コンバインハーベスター ¥9,990
 #8273 テクニック・オフロードトラック ¥7,990
・スポンジボブ クリブリ限定発売
 #3827 ビキニ・ボトム ¥7,990

?日
・Creator 一般発売
#4958 モンスターダイノ

?日
・アドベントカレンダー一般発売
#7907 アドベントカレンダー

それでは、今月もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。