HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年夏(2008年は7月24日-27日、プレビュー・デイは23日)に、アメリカはカリフォルニア州サンディエゴで行われる、アメリカ最大のキャラクター商材のコンベンション、それがCOMIC-CON(コミコン)です。
詳しくは、公式サイトwikipediaをチェックしていただくとして、HMSLでは、LEGOとの関連を少し触れておこうかと。

キャラクター・ビジネス、キャラクター・マーケットとして、ハリウッド映画(LEGO的には言うまでもなくStarWars、SpiderMan、BatMan、IndianaJones)資本の参入を得て一大消費市場に膨れ上がった【コミコン】は、米国市場を重視するLEGO社としては無視できないイベントになりました。
米国オタクの熱心なオピニオン・リーダー層、及びオタク・メディアを相手どって、プレゼンス(存在感/意義)を示すべくLEGO社の宣伝広報が動くため、コミコンのタイミングで何らかの新情報が流されるのが、ここ数年のトレンドになっています。

昨年2007年は、StarWars新規アニメ『CloneWars』の先行告知に合わせてLEGO社も参入することを示すティーザー・ポスターを展開しましたし、今年2008年は下の写真の通り、インディ・ジョーンズの200ピースのオリジナル・セットを限定500箱配布すると告知しています(写真クリックでTheBrothersBrickの記事に飛びます)。

キーワードは、もちろん【Exclusive(来場者限定)】というところ。ブースに来てくれた人に、何かお得なことがあるよ!と煽ることで、会場での存在感と発信精度を上げようという意図が大事なわけですね。
[7月26日追記]
限定セットがCOMIC-CONで発売されました。
気になる中身は、米国LEGO公式ファンジン BrickMasters に付属したジープに毛が生えたようなセットだった模様です


ところで。
LEGOジャパンの直江さんによると、今年の東京おもちゃショー2008にLEGO社が十数年ぶりにブースを出すそうです。
東京ゲームショーにおける任天堂の流れと同じく、縮小していく日本市場の中で孤高を保つことの是非、一般玩具ショーと距離をとることの一長一短が、今年はウェイトを変えたのでしょう。

直江さんのトークショーというのは充分Exclusiveだと思いますが、それに加えて何か物欲を煽ってくれないかな?な~んて、オタク層の一人としては妄想を振りまいておきましょう(笑)。
スポンサーサイト
7月24日発売のStarWarsラインナップも未入手のうちから気が早いと笑われそうですが、今年始めに明らかになったリストで、まだ国内発売スケジュールに上がっていない製品の情報を整理しておきましょう。
なお、クリブリ他で既に発売決定したラインナップに関しての情報を知りたい方は、
ブログ右SEARCH WINDOWSの上段:HMSL[Articles]に、「star wars」と入力して検索で過去記事を読めます。


まずは棚に画像が上がっている2枚。いずれも準備稿段階のものです。
クリックで拡大しますが、解像度は低いので期待しないでください。

#7678 Droid Gunship

ガンバレルの如くスマートな前部と、MarsMission系の1/4円部品の新灰を使用して造っていると思われる後部フローターの対比が面白い形状。先頭に突き出ている砲座は、相変わらず球体稼動でグリグリ動くのでしょうか。
ちなみに原作デザインはこちら[via SWの鉄人]。

#7679 Fighter Tank TX130S

いわゆるホバー戦車の類?旧共和国らしい白と濃赤のカラースキーム。中央の搭乗部は、この写真だとクローン・トルーパーの顔にも似てどことなくユーモラス。なんか…ファンが考えた俺SWレゴ・セット・コンテスト優勝作品、みたいなユル~いデザインに感じちゃいますが…。
ちなみに原作デザインはこちら[via SWの鉄人]。


トイザらス流通限定セットも、粗い画像が出てきました。
クリックで拡大しますが解像度には期待しないでください。

#7680 Twilight (TRU)

原作画像が見つからない。どういうことだw ものすごい箱組みの宇宙船に見えますが…。アナキンの横にいるジェダイはファラオみたいなデザインの女性のヤツかな?さらに横のちっちゃなヤツは、そういえば春の見本市で写真があったような…。

#7681 Homing Spider Droid (TRU)

今年前半のドロイド・セットと合わせて遊ぶと楽しそうなパック。原作デザインはこちら[via SWの鉄人]。


今年のMini2セット、#8028 MINI Tie Fighter#8029 MINI Snow Speederも、クリブリ含め発売スケジュールに上がっていません。さらに、CloneWarsから新商品の情報も入ってきました。
#8031 MINI V-19 Torrent

写真クリックで全体表示します。
この並びでいくと、#8030にもう一箱CloneWarsが入ってきそうな…?


そして、今年最後の大物と呼び声も高い、この商品。
#10188 Death Star II [Age 12+]
国内ではclickbrick限定で発売が決定[発売日調整中]しているものの、海外でもまだ情報が皆無です。


以上、StarWars未発表情報の現時点のまとめでした。
追補する情報をお持ちの方は、コメント欄で声をかけていただけると助かります。 
LEGO製品情報としては珍しく、新製品情報が日本発信です。
ソースはクリック・ブリック・ブック。皆さんの目にも留まってるはずなのですが、これがEurobricksにもBrickLinkにもBricksetにも流れてない写真だというのが面白いところです。
#8636 DEEPSEA QUEST

クリックで拡大します。

中身は海上の海賊艇(Dr.インフェルノのチームカラーである黒&オレンジ、いつものミサイル発射装置付き)、水中の濃紺潜水艇(艦首にニクル系のツメ、艦橋に潜望鏡)、そして敵側のDPV(個人用水中スクーター)が2機確認できます。
さらに今朝方、草加のセールに並びながらzattchiさんと暇潰しにカタログで盛り上がってたんですが、どうもタコが蛍光色で出るっぽい。
また敵方のヘルメットも、バブルキャノピーの透明緑なのでわっ!?…とザワザワ希望的観測してたんですが、きっとこちらのインセクトイド・メットでしょうね、どうも。

Bricksetのリストによると、この製品以外に、#8637 VOLCANO BASE というセットが準備されているようです。こちらの画像も未公開の模様。
2枚ともクリックで拡大します。

#8154 Brick Street Customs

8台のクルマが入ってるビッグセット。…LEGOLANDな自動車でやってくれれば面白かったのにな~。
自分で作る楽しみがあると言えばそれまでですがw

#8157 Ferrari F1 1:9

SYSTEMブロックで作るんですね。作り応えありそうなビッグモデルだわ…。
先日のCastleバトルパックと同様に、正規カタログラインナップとは別ルートで、突如「ヴィンテージ ミニフィグ コレクション」というミニフィグ・パックがリリースされました。

クリックで拡大します。


御存知の通り、「ヴィンテージ」とはワイン用葡萄の当たり年を示すための用語。
歴代ミニフィグの変遷を懐かしむ、LEGOブロック生誕40年に相応しいアクセサリと言えるのではないでしょうか。

"LEGEND"復刻の時にもLUGNET他で議論された話ですが、「往時のミニフィグを完全に復刻することは、実際は不可能」です。
このセットを例に挙げれば、赤い宇宙飛行士のヘルメットは、当時のズンドウ・タイプでなく、現在のモダンな、アゴの周囲を折れにくく改良した現状の金型でリリースされる、といったあんばい。
こうした細かな違いは、一部のコレクターには重要な意味を持ちますが(笑)、それを超えて、復刻によって往時を知り、触れる人が増えることの方が意義として大きいと思います。
この意義においても、国内クリブリでの取り扱いを強く希望したいですね。

【7月12日追記】
クリックブリック各店での販売が行われています。一箱2,500円。


ところで、このアクセサリ。
LEGO社による壮絶な自己風刺/内部告発に見えるのは、HMSLだけでしょうか。
「何も感じないの?」
富士LEGO合宿のおかげで、創作微熱続きの【レトロ・スペース組(←用語は後日説明します)】みの&はくしゃく。
夜な夜なメールやmixiでミニモデル悪事の相談を…。

みの「はくしゃくの買ってきたバブル・ヘルメット、あれ中身がフィグの頭じゃなくても良くない?」
はく「ほう…!つまり変宇宙人大行進?」
みの「試しにいろいろ中にハメ込んでるんですけど、全方向ポッチブロックとか余裕で入るんよ」
はく「あー。なんか金魚鉢ヘルメットが嬉しいあまり、それ以外の使い方を考えてなかったなー」
みの「だろ」
はく「それじゃ私の方はロボからとっかかってメカの方の用途を探ることに」
みの「ロジャ」

そんなわけで二人がこしらえた一発目が、こちら↓。

mino作◆機械公爵

クリックで拡大

earl-0作◆天体公転演算儀 

クリックで拡大

「これは誰ですか」「これは何ですか」
………。
考えるんじゃない、感じるんだ!
ていうか分からないヤツに説明している暇は無いぜ!
なぜなら人生は短く俺たちはバカだからだ!
クリックでいろんな方向からのショットに拡大します。
情報源はFlickrにアップされた製品発売前のプレビュー写真。TheBrothersBrickを通して知りました。感謝。

この腕パーツは、ミニフィグ史上初めての「ノーマル腕以外の公式腕パーツ」ということになります。
最大の特徴は、手首にバーの太さのアイテムをハメれること。
穴の深さは、ライトセイバー部品と同レベルと推察されます。写真で見る通り穴の方向が垂直ならば、特殊なフィグ接続ポイントとしても期待できます。
銀塗装で、前後対称(2個買えば両肩にハメれそう)、SF(コブラ)だけでなく中世ファンタジー(ベルセルク)にも応用が利きそうです。



このサイボーグを含むセット#8631Jetpack Pursuit (税込み1,590円)のレビューはこちら
今までの情報では、最大の#8635: Mobile Command Center (税込み14,990円)にしか入っていないと思っていましたので、小箱セットに含まれるという情報は何よりです。
9月中旬発売予定。秋も、楽しみです。
新製品情報が2つ流れていたので、まとめて紹介します。
いずれもLimited Editionと考えられる箱です。ザらス扱い?

ところで紹介の前に一言。
昨年のMarsMissionのLimited Editionであった#7699 MT-101 Armored Drilling Unit は結局国内流通しませんでした。(おかげで買うの忘れてて今さっき買いました…
この辺、今年も去年も「MarsMissionがクリブリ限定流通である」ことと関係あるのかもしれません。内部事情を知る人間でもないので推測の域を出ませんが。

さて、2008年のLimitedEdition。今年も巨大ドリルなユニットが登場です。クリックで拡大します。

このメカ、頭部と胴体部が分離する構造で、
頭部はまた珍しいカッティングで応用しづらそうなキャノピーに覆われた飛行機に、
胴部は巨大なドリルを擁する採掘プラントに、
それぞれ様変わりします。
暴力的な四足歩行獣から資源独占の採掘プラットフォームへ。子供にどんなトラウマを植え付けたいのかは分かりませんが、とにかく強烈な「赤い星への白き侵略」のイメージを見事に具現化していると言えそうです。

採掘プラントの足に使用されている部品は、2008年の航空機系に使われている回転隔壁部品。脚部の大型装甲なども含め、一体成型の大型部品を使用することで、少ない部品数でも子供が満足する大きな製品を展開する事が可能になるわけです。
この製品ではパーツ数は759pcsとかなり多い部類ですから、大型部品で稼げた分、端々のディテールを凝るという感じでしょう。

ちなみに→折れ曲がるだけのヤラレ役戦闘艇
HMSLでお伝えし忘れている気がしますが、今年後半のMarsMissionの火星人さんたちは、なんかニクル・マスクと合弁提携を結んだような、妙にイカツイ戦闘種がリリースされる模様です。たのしみですね。


続いてスポンジ・ボブ。クリックで拡大します。

既報のボックスアート準備稿から、特に大きな修正なく出る模様です。
セット内容はこちらから
なにか見所があったら教えてください。>読者諸氏
Trainニュースに熱心なつもりもないのですが(笑)、RailBricks他で目に付いたので画像紹介だけ。
ソースは、LEGO公式のPick-A-Brickページ。(※ウェブ上で部品単位で注文購入できるページ。日本からは不可)
先日のアップデートで2種類の連結器部品のデザインが明らかになりました。どうもウッカリのアップだったようで即消されたらしいのですが、当然データはあちこちに出回ってしまったわけです。
こういうのって、本当にリークじゃなくてウッカリなんですかねぇ。

クリックで拡大します。

先頭のコネクターはダミーではなくて磁石なんでしょうか。コネクターの上に1ポッチ生えてそうなの面白い試みだと思います。この形状のまま2種類出るなら、先頭車両の選択バリエーションがあって良さそうです。

[追記]
このトレイン連結器の変更は、TRAINの新規格の流れではなく、「小さな磁石を単独で部品にしない」という欧州の玩具安全基準の変更に則ったものだそうです。
この変更により、磁石はプラスチック部品の中に埋め込まれ「カバーされる」ようになるみたいです。またLEGO社は、磁石を磁力が強いものに変更することで、プラに覆われていても連結力は弱まらないとしています。
ソースのプレスリリース/ニュースは、こちら↓。
Merlin Entertainments Group to Open New LEGOLAND(R) Park in Dubai
The Brothers Brickを通してニュースを知りました。感謝。

先年 The LEGO Group 合理化計画の一環でLEGOLANDの経営運営権を譲渡された、ヨーロッパ大手のアトラクション経営企業Merlin Entertainments Groupは、世界5番目のLEGOLANDを、アラブ首長国連邦を構成するドバイ首長国の首都・ドバイに建設すると発表しました。
このLEGOLANDは、「世界最大のテーマパーク」という野心的目標に向け建設が順延されている『ドバイランド』の一部として、3年半後の2011年末オープンを目標に着工されるとしています。

皆さん御存知の通り、ドバイは現在、「世界最高級のホテル」「世界最高層のビル」「世界最大級の空港」「世界最大のテーマパーク」と、観光資源開発に力を入れており、中東における欧米資産の流入口およびインドを筆頭にする海外労働力の受け口として、中東の一大メガロポリスに成長を遂げています。

今回の建設計画は、こうした世界的潮流に合わせ、「テーマパークのアトラクションが一つでも多い方がいい」ドバイランドと、「資産を持つ観光客のLEGOブランドへの興味を狙う」Merlinの思惑が一致した、という見方が出来るでしょう。
ただし、一時期バブル経済に沸いた極東の小国でも建設計画が持ち上がった後、頓挫した前歴を持つLEGOLANDですので、今度の建設計画が無事完遂されるかは経過を見守る必要があると思われます。

個人的には、中東の焼け付く紫外線と寒暖差に、ブロックが耐えられるのか心配なところです。

河口湖で2泊3日で20名余のLEGOファンが繰り広げる合宿イベント『2008 FUJIYAMA LEGO CAMP』。
会場におけるネット・トライアルの一環として、ストリーミングによる会場生中継を試行しました。
御視聴いただけた皆様、ありがとうございました。
中継全般を通じてお見苦しい点、お聞き苦しい点も多々あったかと思いますが、なにとぞ御寛恕のほどお願い申し上げます。

機材の準備、ネット上リソースの確保、撮影はawazoさんがやってくださいました。
この場を借り、改めてお礼申し上げます。
■ 毎 月 掲 示 板 ■

===============

凸 月ごとに記事形式で立ち上げる「何でも掲示板」です。
   ツールの性格上、一方的発信になりがちなHMSLの状況を補正するサポート企画。
凸 コメント欄を使って何でも書いてくださいな。新規話題や流れに関係ない話題も歓迎よ。  
   LEGOに関係する雑談、HMSLへの要望、などなどに御利用ください。  
   はくしゃくへの質問なども受け付けますよ~。  
   新情報とかあったら書いてくれると私が楽になっry
凸 私も、何か思いついた雑記などは、ここに書くようにします。

===============




【今月の見通し --- What's playing on ? '08 May】

3日-5日
・2008 Fujiyama LEGO Camp 開催

5日
#10190 MarketStreet 全国clickbrick限定発売

4日および5日
LEGOビルダー直江和由氏 Creator 組み替え店頭実演
 ビックカメラ有楽町店本館1Fにて、両日とも12時~と15時~の2回。

※GW中に開催される各地LEGO関連イベントに関しては、
 エッジさんのブログ【レゴ系】の記事「レゴ ゴールデンウィーク イベントまとめ」も参考にどうぞ。

17日
・Bionicle 2008商品前半分 全国clickbrick限定発売

31日
#10186 General Grievious 全国clickbrick限定発売
・Indiana Jones 8セット全国clickbrickで発売(全国玩具店でも6月発売予定)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。