HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
業者カタログの写真がアップされたので、転載しておきます。
それぞれクリックで全体を表示します。

#7678 Droid Gunship

ダーク・ブルーの挿し色が格好良く決まってます。UFO的な円盤の部分と、ドロイドという自律兵器であることを端的に表わす顔のデザインが上手にまとまってる感じ。…とこの辺は原作メカ・デザイナーに対する賛辞になるのかw
円盤部中央の黒パイプのディテールは、例によってクリップでパイプを取り回して丸めてるんでしょうか?少し気になります。網レーダー・ディッシュの黒を使っているようです。

#7679 Republic Fighter Tank

解像度が上がれば上がるほど、クローン・トルーパー顔戦車(笑)。典型的なホバー戦車という印象を拭えません。
キューポラ(ハッチ)は濃赤の4x4で可動式。後は前面装甲のスロープが多方向に組み合わせてあって立体的カーヴを演出してるのがなかなか…。

#7680 The Twilight

CloneWarsにおいて、アナキンたちが乗り組む主人公キャラ・シップ(本編でいうミレニアム・ファルコン)にあたるらしい「黄昏号」。
ファルコンを最初に見た子供時代に「ダッセー…」と感じた思い出と同じで、この船もやがて抗いがたい魅力を放つようになるのでしょうか。

#7681 Separatist Spider Droid

ホーミング・スパイダー・ドロイドという機種名称ではなく、「分離主義者のスパイダー・ドロイド」という所属名称がセット名になりました。
わりかし地味にブロックを組み合わせて球体を表現していました。LEGO的に好印象w
レトロなデザインで、StarWarsが未だにレトロ・スペース・オペラであることを改めて感じさせてくれます。

新部品他、気になったインプレッションがありましたら、是非コメントの方へお願いします。

これの前段階の関連情報は、1ヶ月前の記事を参照してください。
 
スポンサーサイト
今年最大のStarWars大物セットの全貌が明らかになりました。
※ちなみにその他のSW未発売セット情報に関しては、こちらの過去記事を参考になさってください。

#10188
DeathStar
$399.99 USD
Age:12+

クリックすると5枚の画像をまとめた大型画像にリンクします。


デス・スター関係者(ドロイド含む)21名を集めた、巨大プレイ・セット。
実寸がどうのとか、球体を作る技法がどうのとか、そういった雑論を考えさせない「大きなキノコのおうち」的ホワワワ~ン感があります。
新灰新茶だらけで旧LEGOLAND主義者には使い様も無い部品構成ながら、組んでみたいと思わせる遊び心に満ちたスターデス。

とりあえず黒いC-3POが気になりますねw
LEGOLANDの架空重機。



hopeso009's Boutix ---robot for multi-purpose

hopeso009 has always been as a talented builder to harmonize Sci-Fi reality with LEGOLAND/SYSTEM-style simplicity.
He knows how to save and control parts-usage to express his own style, and enough wise to know "Excess complexity is NOT the best answer for LEGOLAND/SYSTEM-age".
Boutix is a really excellent achievement in his career. Maybe I need to build'em for heavy-labor in my own town. :-)


Brickshelfの奔流の中で、見逃してしまいそうな1枚。作者のフォルダにはセンス・オブ・レゴランドが密やかに、たぎっています。あずむさんのBINGOでも何度か作品がピックアップされているビルダー…おそらく台湾の方かな。hopeso009さんを御紹介します。

このフィグ乗りスーツにおいて注目すべきデザインは、「どこまでシンプルにするか、出来るか」のサジ加減です。換言すれば、それはディテールに使う部品数の制御でもあります。
ミニフィグの「もっと重いものが持てたらなぁ」という願望を体現する太い腕。このスケール・このサイズにおいて「2x2ブロックというカタマリを使う」のに、どういう類の決断力が要るかは、同じサイズのビルドに慣れている人なら分かるのではないでしょうか。
そのブロックにTechnicピン付き2x2プレートを挿して手首の回転と接続強度を一挙に解決、なおもシンプルな外観を維持。生えている手の無骨なこと。4本指を一体化し、親指をポチスロで表現したそれは「掴む」というギミックを見せるのに最小限かつ効果的な構成です。(私だったら、指の背に黒の1x1丸プレートを、スパイクやスタッドの表現として付けるかもしれません。)
足の指先も素敵です。T字バーから生やす間隔を僅かに開くことで「拡がって踏ん張れる指先」を表現しています。
全体のゴツゴツしていて、それでいて小さくまとまったパッケージ。背中にカウンター・ウェイトや発動機のボリュームがもう少し欲しくなりますが、それも削ぎ込まれた基本素体としての完成度あればこそ、でしょう。
工事現場に運送現場に、正しく「欲しくなる一台」です。

今回の紹介の決め手になったのは、全体像に続く2枚目と3枚目のショットでした。
■2枚目 開閉ギミック
■3枚目 運用モデル
フィグ乗り!しかも上下2箇所がオープン!ミニフィグのシンプルさもたまりません。工事ヘルメットでも、このスペースなら大丈夫でしょう。
そして、表情豊かに働く3枚目!腕の稼動範囲が必要充分なパフォーマンスを発揮することがよく分かります。
さりげなく置かれたトラックは、1995年リリースの9V貨物列車同梱のもの。4幅トラックとの特撮的な相性が、たまらなく心地良い。
作風の目指す方向性、さもなくば作風を構成した環境。その内実が、しっかり伝わってくる1枚です。


【継ぐ者たち】というカテゴリーに属する記事を始める時、こんな事を書きました。
『世の中に存在するのは「上手な作品」ではなく「上手な作り手」である。作品ごとでなく作者単位でBrickshelfを紹介。』
というわけで、hopeso009さんのフォルダの中で、是非チェックしたい他作品も併記しておきたいと思います。
■今回の重機とほぼ同じか、やや手前のテクノロジーで作られた車両。
 ニッコリちゃんが動かす、サイズとユーモラスさ、重機的ディテールの競演に注目。糸部品のあしらいも素晴らしい。
■軍事ビークル系。
 キーワードは同じ。「サイズ」「フィグ乗り」「デザインと部品数の両立」「SF的疎密とLEGOLAND性の調和」。国内ビルダーで言うとぱぢるさんに通じるものがあります
■ドルイドのツリー・ハウス。
 もう少し洗練されればオフィシャル製品で出てもおかしくない、「抑制された部品数」がここでも見られます。ダンブルドアの校長室にしか入っていない緑の帽子、森の人との調和が見事です。
■クレーン車。
 かつてLEGOLANDを幻視た者であれば「何に我慢がならず」」何をせねばならないか」は、常に自明のものなのでしょう。


[6月25日追記]
ブログ 凸『(現)それでもレゴも好き』凸 で、Boutixを実際に組んでみた記事がありますので、
組み方の参考になさりたい方は、下の写真をクリックしてください。当該記事に飛びます。



City Rescueシリーズの基地セットですが、トイザらス流通限定品でしょうか。
詳しくは、こちらの棚の情報がまとまってるので、チェックしてください。

戦隊基地に使われていた大型部品を、洋上プラットフォームのトラス構造にして上手に大型化してますね。中央の作業台が基地上のレールに沿って左右へ移動する仕組み。海上のボートからもエレベイターで上下できるようです。
本部の窓ガラスが6ポッチ幅の新部品に見えますが…。
ヘリコプターのフロート先端の2x2ドーム(オレンジ)は、割合入手の難しい部品です。

現在国内発売予定が無いようです。
「あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!『発売スケジュール情報をググって「参考サイトはこちら」と書いてあるのをクリックしたら、自分のブログに戻っていた』」
AGENTシリーズの大箱2種の詳細が判明しました。
詳しくは、こちらの棚の情報がまとまってるので、チェックしてください。
#8636 Deep Sea Quest
潜水艦がカッチョエエ。
洋上のクルーザーの風防は、同シリーズのトレーラーと同じく今年登場の透明黒版。
DPVも、まとめ方が上手い。エージェント側のDPVは、同シリーズのヘリ・バックパックと同様に「開き直ってやや大型なのが逆にイイ感じ」と思えます。
注目のタコは、なんと透明水色。
敵側潜水夫のフェイスは、病的かつコミカルな仕上がり。さすがに描き込み過ぎかな…と。


#8637 Volcano Base
いわゆるプレイセット。
火山のマグマの描写に、なんでこんなに一生懸命なのか分かりません(笑)。StarWarsEpi.3の師弟対決や、Castleの最終決戦舞台とかに使えば映えそうなビルドなのにねぇ…。
ティルトローターは、かなり好きなデザイン。シンプルなローター・ガードが(ガードしてませんが…)カッコイイです。


とりあえず潜水艇を買って、後の大箱はclickbrickで現物見てから決めようかな、って感じです。
クリックで、構成部品や完成図にリンクします。

MarsMission #7645 MT-61 Crystal Reaperから登場する、強そうな火星人の部品写真です。
この部品が4本入っていて、足も腕もこの部品で済ませるという斬新設計。

■前から見た比較写真
■背から見た比較写真
うーんコワモテ…って言うかキモイデス。

成型色は透明緑なので、応用範囲は狭そうですね~。今年のBionicleのプレイセットとかで各色入れてくれると面白いんだけどなぁ。
こういうディテールの細かいミニフィグ・サイズのボディ部品も、だいぶ増えてきました。この類の部品だけでいろいろ組み合わせてビルドする人も、そろそろ登場しそうな勢い。

6月下旬にclickbrickで発売予定。#7645の商品写真は、こちらでチェック。
■ 毎 月 掲 示 板 ■

===============

凸 月ごとに記事形式で立ち上げる「何でも掲示板」です。
   ツールの性格上、一方的発信になりがちなHMSLの状況を補正するサポート企画。
凸 コメント欄を使って何でも書いてくださいな。新規話題や流れに関係ない話題も歓迎よ。  
   LEGOに関係する雑談、HMSLへの要望、などなどに御利用ください。  
   はくしゃくへの質問なども受け付けますよ~。  
   新情報とかあったら書いてくれると私が楽になっry
凸 私も、何か思いついた雑記などは、ここに書くようにします。

===============




【今月の見通し --- What's playing on ? '08 June】

19日-22日
・東京おもちゃショー2008
 東京ビッグサイト
  Buisiness Days 19日/20日
  Public Days 21日/22日
 LEGOジャパンのブース出展は十数年ぶりとのこと

19日/21日
City CoastGuard シリーズ全国小売店で発売(うち小~中箱3つは21日発売)

21日
・MarsMission 全国発売(流通限定商品/#7645のみクリブリ限定)
・SpeedRacers 全国発売(流通限定商品)

28日
・CoastGuardシリーズ、clickbrickで発売
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。