HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEGOの話をしよう。

かつて
欧州の小国で木工職人の手で産み出され
子供の創造性と可能性に対し崇高な理想を掲げ
秀でたデザイナーとプロデューサーが集って
『20世紀最高の玩具』と讃えられるまでになった
玩具
LEGO。

そして
多くの人に愛されるがゆえに
より高みを求め懊悩するがゆえに
築きあげたものを護ろうとするがゆえに
『20世紀最高の玩具』は
使命を終え永の眠りにつく。

残照の中
出来得る限り 欠片を遺そう。
出来得る限り 追憶を綴ろう。
出来得る限り 想いを繋ごう。

西の果て暮れなずむ空の遠く幽かに影は浮かぶ。
僕らは
あと何ポッチで辿り着けるのだろう
遠い日に憧れた
あの
レゴランドに。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと



TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/129-a1d7f45d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。