HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふるいふるい、とてもふるい竜がいました。
竜がながいねむりから目ざめたとき、
せかいは変わりはてていました。

竜は王にたずねました。
「王よ、なぜ大地はあかく、血のようにあかくそまってしまったのだ。」
王は竜にこたえました。
「竜よ、時がすぎ、せかいは変わったのだ。」

竜はふたたび王にたずねました。
「王よ、なぜ石はあたたかみをうしない、なぜ鋼はあおざめたのだ。」
王はふたたび竜にこたえました。
「竜よ、なぜかはだれにもわからぬ。せかいは変わったのだ。」

竜はみたび王にたずねました。
「王よ、ひとびとの顔にうかぶ苦しみはどうだ。
 なぜ、ひとびとはあれほどみにくい顔をしているのだ。」
王はみたび竜にこたえました。
「竜よ、ひとびとの顔は、ふつうなのだ。せかいは変わったのだ。」

竜は目をとじると、また目をひらき、さいごに王にたずねました。
「王よ、子らは、どうなるのだ。
 子どもたちは、このせかいで、生きていかなければならないのか。
 変わりはてた、このせかいで、生きていかなければならないのか。」
王はさいごに竜にこたえました。
「竜よ、子らは、子らは---
 せかいは、せかいは---」
王はさいごに竜にこたえることができませんでした。

竜は目ざめて、立ちあがり、王にいいました。
「王よ、わたしの背に城をたてるがいい。
 いまこそ、ふるいやくそくをはたそう。
 わたしの背に乗って、
 ほんとうのせかいを、
 かわらぬせかいを、
 子らのためのせかいを、
 さがしにいくときがきたのだ。」

そうして王は、竜の背に城をたてました。
王と竜の、ながいながい、とてもながい旅がはじまりました。

そのあと、王と竜のことを聞いたひとは、だれもいません。

COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと


ギャース(爆走
左下は蓑畑チェックしかしてなかったよ~。
shinob
2007/05/15(火) 22:49 【URL】 [ 編集]
shinobさん>
>あ、バレた。
携帯からだと見えませんが、パソコンだと記事の左に「最近ついたコメント」欄があるので、私以外の読者にもチョーバレバレです。
コメント付けていただけるのは歓迎ですがw
はく
2007/05/15(火) 21:48 【URL】 [ 編集]
あ、バレた。持ち主にはばれちゃうのか。
合宿でお城が街に降りたときからこっそり狙っていたのだ。
名前のクッキーがそのままだったのには今気がついた(笑

王様と竜に会える日を楽しみにがんばって暮らしている大人だって、
きっとたくさんいるんだ。

shinob
2007/05/15(火) 19:24 【URL】 [ 編集]
ものすごい所から掘り起こしてきたな、おいw

FUJIYAMA-LEGO-CAMPに持っていったのですが、
エッジさんとかに超絶綺麗に撮影してもらえて大満足。

誰かにそそのかされて1日目に町のど真ん中に置いたのだが、
2日目に素早く撤去した俺、ナイス判断w
はく
2007/05/15(火) 01:08 【URL】 [ 編集]
ぼくはこのあいだ、このりゅうがのせたおしろをみました。
おうさまとりゅうは、ぼくらがつくったまちにきてくれました。
ほんのちょっとのあいだで、すぐにまたどこかへとんでいっちゃったけど、おうさまとりゅうはほんとうにいたのだとおもいました。
ぼくたちはわらっていますよってりゅうにいおうとおもったのに、いなくなっちゃいました。
いつかぼくもあのおしろにのって、いろいろなまちをみてみたいです。
shinob
2007/05/14(月) 20:51 【URL】 [ 編集]
つーかYLS時代の旧くからの友だちに限って
荒らしなのはどうなんだ、このブログ(´▽`;;;)y
はく
2006/12/28(木) 17:42 【URL】 [ 編集]
キィィィィィィ―――――――ッ!!
(荒らし)
ayucow
2006/12/28(木) 17:09 【URL】 [ 編集]
>「もじのぶひんはどこでかえますか。」
http://www.bricklink.com/search.asp?invXrefID=49310&invType=F

あとで文句言われるのイヤだから念のために言っておくけど、
『肉』とか『大丈夫』とかいうタイルは入ってないからね( ´д`)ノ

そういうの欲しかったらayucowに塗ってもらうんだよ?
はく
2006/12/27(水) 22:16 【URL】 [ 編集]
よし己はじめくんの作品にぼくもなにかこめんとをするぞ。
「もじのぶひんはどこでかえますか。」





わかった帰る。v-274v-274v-274
もり
2006/12/27(水) 20:21 【URL】 [ 編集]
sekiyamaさん>
>「やられた!」と思いましたのは、閉じた空間ゆえの密度感、
このひとことを見て「あぁ、隣の柿は赤いってやつかも…」と感じさせられました。
おそらく、私の作品は「私が願っているほど良い出来ではなく、私が気にしているほど酷い出来ではない」のでしょう(笑)。この辺、自作評価は難しいです。

ともあれ、「水の都」シリーズ、期待させていただきます。

ayucowさん>
>ぎゅっと詰まった高架都市のような感じの物
ええ。実は「例えばこんな感じで…」と、あやうく製作中の城を説明用にアップしかけたことが(笑)。

>十字穴ブロック
タンが、あまり出回ってない事を指しているのかな?…とすると、それに勘付く貴殿もかなりイヤラシry
インベントリ眺めて「こんなセット持ってねーよチクショー!」と叫んだら机下の袋からゴロゴロ出てきて…「偉い!理由も無くこの部品買った時の俺」
はく
2006/12/27(水) 06:40 【URL】 [ 編集]
ぎゅっと詰まった高架都市のような感じの物への
関心をお話しておられましたが、お城を使ってコンパクト
に表現するとこんな感じといったところでしょうか。
十字穴ブロック、展示でのタン1◎敷き、アール部品など、
なんともイヤラシ具合のパーツ使い満載で感歎しきりです。

レトロスペースを題材にしたこの類の作品観てみたい!
ayucow
2006/12/26(火) 17:33 【URL】 [ 編集]
 拙作には有余る、御丁寧なご感想ありがとうございます。
 
 空間が閉じているか、開いているかは面白い対比ですね。貴方の作品見て「やられた!」と思いましたのは、閉じた空間ゆえの密度感、そして覗き込ませる魅力でした(中庭の存在に気づいたときはびっくりしました)。その上で、閉じた空間のモデルには建物の外見を魅せる要素が入ってくるわけで…そこはスクラプチャ的要素も入ってくるわけですね。

 ご指摘どおり、拙作では「開いた空間」にチャレンジしてみたわけですが、やはり貴方のご指摘のとおりの問題を多々残したままでの出展となってしまいました。造りこみの甘さも、ストーリィ要素を強調できなかったこともまさに図星です。ストーリィに関しては一人ひとりにきちっと物語が感じられる、それこそ宮崎・高畑的「群集劇」を実現してしまった貴方の作品には改めて驚愕させられた次第。ただ、拙作の狙った「控えめな清楚さ」に気づいてくださったことが嬉しいです。

 予想されますよう、次回作では流石に他の街へ行こうと思っています。勿論、鉄道・電車のある街ですけれど…。そして水の都は「64×64」ではないものの、別の形で拡張していくつもりですので、ご期待いただければ幸いです。そして、貴方の次回作にも期待しております(街でも、車でも、クラシックスペースでも!)。
sekiyama
2006/12/20(水) 23:19 【URL】 [ 編集]
sekiyamaさん>
『水の都から』
http://www.brickshelf.com/gallery/EDGE-JAPAN/EVENT/200611Contest05/Contest1024x768/odaiba200611_05_01_1024.jpg
入選に残らず、私としては残念でした。

作り込みは前回より軽めに見えましたが(良い意味で力が抜けているというか)、空間の開け具合も手伝って、鑑賞の目が届く領域が広くなった良作だと思います。
なんだか閉じちゃったら中庭の見えない誰かさんのダメ城とは大違いw

唯一惜しむらくは、列車の存在が前作ほど効果的でなかったこと。
「町への到着と物語の始まり」を予感させた前作に対して、「別れと列車の出発」を感じさせる演出が充分でなかった印象です。
ホームに立つ少女とハンカチと動き出す最終列車…ではありませんが、そのドラマ演出が薄かったために「列車が余計。むしろそのスペースも建物見たい」という、sekiyama作品としては致命的(笑)な本末転倒が感じられました。

とは言え、ゴンドラから見送る水先案内人と、夕映えを写した水面は、そのドラマを犠牲にしてでも描きたかったであろう「控えめな清楚さ」を感じられ、素晴らしいの一言です。
特に、ポチスロを使った波立つ水面のオレンジを「夕日だ…」と気付かされた時には、言葉にするのも無粋ですが鮮烈な感動を味わいました。

次回は流石に水の都から旅立たれるのでしょうが(笑)、64x64等、面積制限にとらわれない水の都のメインストリートなども拝見してみたい気持ちです。

ところで、入選作発表後、正体を明かすまでの間に、sekiyamaさんの作品全体所感を拝見できるかと期待していたのですが。
お忙しかったようで、そこも残念といえば残念w

エッジさん>
素晴らしい写真をありがとうございました。さちこさんの所でも書きましたが、よもや作者が自分の部屋で撮影したものより美しい写真がアップされるとは、思いもよりませんでしたw
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=2154661
 王様を含め勤務中のFALCON兵士全員が写ってるのが凄い(笑)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=2154662
 正門からの前面写真。中庭の騎士像まで写ってるのがお見事…。

今回は、もくあみさんの「ドクロ元帥の塔」に文字通り「立ちふさがられた!」私の城ですが(笑)、毎回少なくとも一作は、ミニフィグスケールの世界を見せる作品が受賞して欲しいと思っているので、結果には満足しています。
お褒めの言葉ありがとうございました。
はく
2006/12/18(月) 05:13 【URL】 [ 編集]
(^^)/ はろはろ。
LEGO絵本にしてほしー位に、世界観を感じさせる物語と作品。

お台場での展示時は、情報量が多くって、色んな角度から楽しませて頂きました。

骸骨の塔のもくあみさんとか、己さんとか、ネットでは見かけないケド、まだまだスッゲー人がいるんだなぁ、と思ってたら、なんだよ~。(笑)
後日、偶然、もくあみさんにはお会いしました。
エッジ
2006/12/18(月) 00:49 【URL】 [ 編集]
 感想遅れて失礼します。
 どなたが作られたのかな? と、パーツの使い方など如何にもベテランのセンスを感じる作品ゆえ疑問に思っておりましたが、貴方の作品でしたか! 作品に関して申したい褒め言葉は既に皆様に上げられてしまっておりますけれど、私としてはフィグの一人ひとりに「ものがたり」が感じられることと、内部の見えそうで見えない部分の造りこみにくらくらしました(観るたびになんとか見えないものかと覗き込んだものです)。いつか内部写真も公開されること、期待しております。

 そして、今回発表の詩。暗喩が利いておりますね。私のごとくすぐに直接的な呪詛をばら撒くのに対し、なんて言葉の扱いにも長けてらっしゃることか。

 今後も作品に、このブログにと、楽しみにしております。
sekiyama
2006/12/16(土) 23:03 【URL】 [ 編集]
LEGO CASTLEのテーマファンコミュニティであるCLASSIC-CASTLE.comに作品紹介を投稿しようとしたら、

http://www.classic-castle.com/forum/viewtopic.php?t=8929

既に紹介されていました…。

ありがとうBruce。君はいつだって私の作品によくしてくれるね。君の素晴らしいVignetteBricksが始まる以前、日本でヴィネット流行のきっかけを作った投稿が私のものだと知ったら、君はさらに私を親しく想ってくれるだろうか。

"Dunechaser"Andrewも訳文を投稿してくださってますね。重ねて感謝を。作品の独り歩きを味わうのは、久しぶりのことです。
作品を作ったのが久しぶりだろと言ったのは誰だ。前に出たまえ。
はく
2006/12/13(水) 08:22 【URL】 [ 編集]

オオノさん>
貴方から物語を引き出す--そのきっかけの一つになれるなんて幸せです。
新しい形の活動と伺っています。どんな形を見せるのか、ファンとして楽しみに待ってます! ところで田舎暮らし超羨ましい。

M。。。さん>
いつもながら?此方の赤面を誘う言葉選び、恐縮です(笑)。 拙文を引用してくださる御心遣いにも胸が熱くなりました。

『NeverEndingStory』…自動車のCMで耳にしてCDを買い、懐かしく思ってハードカバー版を購入したのですが、多忙と期待過多に未だ開いてません。こうしてる間にもファンタージェンは…(TдT)ノあああああ

としやさん>
なんつーか、その言葉だけでおなかイッパイだ(笑)。

peachtreeさん>
先日はお誘いしておきながらお会い出来ず、大変失礼いたしました。コンテストを見ていただいた後で拙作の感想を伺うのを密かに楽しみにしていたのですが(笑)。
peachtreeさんの港町、自分の建造物制作に大きなモチベーションを与え続けてくれました。
Brickshelf2枚目の写真、右上端、伝書鳥に手紙を渡す兵士の横、手紙棚に見立てて格子窓部品を転用してるのは、peachtreeさんの作風に影響受けてます。

>1ポッチ丸プレートを下にぎっしり敷き詰めて
写真は出展前のもので、敷き詰めは現場でやりました。…良いアイデアだと思ったんですけど、なんか見づらくなって逆効果でしたかね(苦笑)。
>テラスの十字の模様が素敵
ありがとうございます!この表現は出展5日前くらいに思い付いた自信作です。単調な繰り返しの中にミニマムな装飾を組めたなと自己満足(笑)。

peachtree版「不思議な城」、トライしていただけるのなら凄く楽しみです。自作品に、友人が別の答を見せてくれるのは、ネット時代ならではの愉悦ですね。
はく
2006/12/13(水) 07:31 【URL】 [ 編集]
お台場では1ポッチ丸プレートを下にぎっしり敷き詰めてませんでしたっけ?青が美しいですね。テラスの十字の模様が素敵です。それに、ところどころに見える機械っぽいところもいいと思います。こういうの、私も作ってみたいです。
peachtree
2006/12/12(火) 23:31 【URL】 [ 編集]
来年のミリオフ二次会で
また嫌になるくらい褒めちぎるので
今から覚悟が必要w
としや
2006/12/12(火) 20:02 【URL】 [ 編集]
 ”ハクシャクの竜は青くない”

エッシャーの「トカゲ」に「滝」の砦を載せたが如き大胆な意匠、
アーシュラ・K・ル=グウィンの『ゲド戦記』
ミヒャエル・エンデの『果てしない物語』
ダイアナ・ウィン・ジョーンズの『ハウルの動く城』etc
古今の名作への深いリスペクトを感じるストーリー、
竜の歩みに合わせ静かに流れてくる哀しい調べは
在りし日のニッコリ顔騎士達への鎮魂歌でしょうか。
..去って、離れて、消えて、失われて。
 それでもなお、遺されるものは確かにあって。...
敢えて言わせていただきましょう、
小野 孝太郎はLEGO界の宮崎駿である、と。

クリスマスにふさわしい素敵なファンタジーをありがとうございました。
M。。。
2006/12/12(火) 10:53 【URL】 [ 編集]
トーキョーに行けば見られたのか。。。
全国巡業しないかしら。

物語を感じる個々のキャラクタも素敵ですね。
白ターバン巻いているのは、きっと魔法使いですね。

田舎に引っ越してスペースも作ったし、
作品からはやる気をもらいましたよ。ありがとう。
オオノ
2006/12/12(火) 06:43 【URL】 [ 編集]
CTRさん>
おどろきました?(笑) 変に「作風」とか無いのだと分かり、面白かったです。

シノブさん>
だろ?(笑) ありがとうございます!あのハイレベルな作品群から選んでいただけたことを思うと、喜びも一層大きいです。

Dunechaserさん>
物語の英訳とか全くの苦手なので感激です! 時間を割き、手間を掛けていただいたこと自体が、とても嬉しいです。素晴らしい英訳をありがとうございました!

0205さん>
アーーー、後出しジャンケンで言われてもね~?(笑)
スカルプチャで似顔絵を描く技量の無い私がコンテストに参加する方法…これぐらいしか思い付けませんでした。

みのさん>
先輩に誉められると、なーんでん嬉しいですかね。不思議です。

あずむさん>
そんなわけで匿名同士、ガチンコで完敗でした。あずむさんはやっぱり凄いですな~!

先日の呑み会、サザンテラスで、コンテスト話をした時---
 はく「--あと、あの、骸骨の城が細かく作ってあって良かったな。
 あず「そっちもだけど、あの、青い城!
 はく「あぁ、あれも良いねぇ~(嘘はつかないようにしなくちゃ)竜の背に乗って---
 あず「竜じゃないんですよ、SWのデューバックなんすよ!
や、面と向かって誉めてもらって嬉しかったです…あの輝く瞳忘れませんw
はく
2006/12/12(火) 06:20 【URL】 [ 編集]
やられた……ウワテがいた……orz
あずむ
2006/12/12(火) 00:26 【URL】 [ 編集]
その星に、竜はもういない…。

ユーだマン。
みの
2006/12/11(月) 21:21 【URL】 [ 編集]
アーーー、やっぱりハクシャクだったのかぁ。
部品使いが、、、買い物のプロの仕業だと思いました。
0205
2006/12/11(月) 10:43 【URL】 [ 編集]
素晴らしい物語と作品ですので翻訳しました!トラックバックです。

http://dunechaser.blogspot.com/2006/12/castle-traveling-by-kotaro-ono.html
Dunechaser
2006/12/11(月) 07:31 【URL】 [ 編集]
なんだよ投票しちゃったじゃねーか(^^;
シノブ
2006/12/11(月) 04:33 【URL】 [ 編集]
ま、まさか・・・
あなたの作であったとは!
CTR
2006/12/11(月) 02:39 【URL】 [ 編集]

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/194-b9cc2dd7
この記事へのトラックバック
 はくしゃくの、お台場コンテスト参加。「旅する城」は、はくしゃくの作品でした。http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=220077 見ただけでストーリーを感じることができるお城作品。青とタン色がコントラスト良く配置されていて、目を惹きます。 名前を伏せ
2006/12/15(金) 02:02:41 | LEGO-BINGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。