HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■Technic
2箱が新たにエントリー。どちらも組み甲斐、価格帯共に挑戦的な製品になりそうです。
Say YoHoHo Techies, 'Kay, Play On !

#8274
8274thumb.jpg

昨年のトラクターと対を成す様なライムグリーンの刈り取り機のモデル。
内部機構を大事にし、機械仕掛けと立体のフレームワークを、ただ一種類の素材=TechnicBeam(支柱)で再現してみせる、極めてスタンダードな作品。
毎回思うのですけれど、どうやってデザインしているんでしょうね。Technic作品を説明書無しで自作できるデザイナー/ビルダーは、本当尊敬します。

ここ数年言っていることですが、この水準のモデルを毎年撃ち出せる様になったLEGOのTechnicチームは、かつての伝説部長Bradが宣言した約束「Technic is NOT dead」を守ったと言えるでしょう。
そして、この台詞が暗に表す内容…かつてTechnicがDeadであった時代を、私たちは忘れるべきではないのかもしれません。
幸せとは、不幸を知る者だけが感じることのできる境地なのですから。

#8275
8275thumb.jpg

今年のTechnicの目玉商品。V6エンジンのブルドーザー。
5ポッチ幅のキャタピラを履いて、4つのモーターを使用し、赤外線リモートコントロールで前進/後退/旋回(=キャタピラが左右独立制動ってことか)、前後のバケットとディガーの上下動をこなします。
Creatorの項目にも書きましたが、Mindstorms-NXTと同デザイン規格の新モーター、新バッテリー、新赤外線リモコン/受信機。この辺のスペックにも期待が集まります。
PC用メディアが付属して、組み上げたブルドーザーで挑戦するゲームが入っている模様。この辺はSpybotics風味ですか。

部品的には、前面のバケット部、Technicビーム部品を収納するメインシリンダーの鞘に興味があります。ピストン機構をどう実現しているんでしょうか。組み上がりの一体部品じゃない…ですよね?
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと


あずむさん>
Eurobricksでもブルドーザ絶賛ですよ。
Technicは例年最大の箱に最大の賛辞が集まる傾向がありますね。
Castle、Vikingは小箱系が人気ですけど。

おささん>
おー、来ましたね`▽´;; still dead !

リフトアームは、ピンと穴の規格を打ち立てたTechnicシリーズが、満を持してポッチとの訣別を図った「幼年期の終わり」の部品だと思っているのですが、どうでしょうか。
やぁ、門外漢からは「潔い」部品に見えるのですよ。厚さもいろいろあるし、ポッチを付けたかったらハーフペグも、ブラケットもあるわけで。

あのトタン屋根の様な、わざわざ構造を覆い隠す無粋な波打ち部品群は論外ですけれど。

…もっとも、失われ二度と戻らないものへの忸怩たる想いが余人に分かるものか、その辺は同意します。
立ち入るつもりもありません。(笑)
はく
2007/01/08(月) 00:46 【URL】 [ 編集]
Technic is still dead.
NXT互換ってことはリフトアーム風味ってことでしょ。
ビーム→リフトアームの流れは個人的には灰→新灰に
匹敵するぐらいのインパクトだと感じております。

ぶ、部分的にビームを使ってもだまされないんだからねっ!
おさ
2007/01/07(日) 08:27 【URL】 [ 編集]
ブルドーザーは気合入ってますなぁ。
メディア入りのテクニックというと、黄色い潜水艦を思い出します。
潜水艦同様、メディア入りじゃないセットも……。
テクニック者でなくても、欲しくなるるる~。
あずむ
2007/01/07(日) 08:02 【URL】 [ 編集]

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/219-52b5df50
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。