HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ほどAvatar化によるビルダーの困惑に軽く触れましたが、LEGO作品画像の公開と共有に話が及ぶ時、根本的な問題はそこにはありません。
少し、別の話をしましょう。お暇な道楽人だけ、お付き合いを。

昨今のBrickshelfの状況は皆さんご存知の通り、毎日大量の画像ファイルが怒涛の如くアップされており、しかもそれら全てに均等の機会面積が与えられています(素晴らしいことです)。
そのため少し目を離すと、ベテランの大作やルーキーの傑作が、壊れた部品の画像や巨大な買い物写真に流されている…というのが現状です。一日何ページも、際限がありません。
「いい感じ」って言うのも大変なのです。

ほんの数年前。
まだBrickshelfの利用者がLUGNETコミュニティを利用している人間で、一定のビルダー比率が高く、総アカウントが1万人にも満たなかった頃。それは、もはやセピア色の写真、べル・エポックでしかありません。

自分の作品は情報の激流に押し流され、見てもらいたい人の目に触れることすらない。
では、毎日数枚ずつアップを繰り返して「Recent」に留まり続けるのが上策、でしょうか?

随想は、また少し別の方面へ揺れていきます。LUGNETのお話です。

近年LUGNETは、巨大化の果てに「コメントも投稿も多くの人間の目に触れる」という逆説的な敷居の高さによるプレッシャー増大と、「誰か他の人がコメントするんだから、投稿記事を見るだけでコメントに参加しなくても良いんだ」という意識の蔓延による空洞化で、作品記事がアップされてもコメントも付かない状況が多々見られる様になっています。(この辺、筆者の主観も色濃いので騙されない様に。)
このことは大きな問題で、以下に述べる「LUGNET離れ」とも言うべき現象の大きなエンジンになっていると思われます。
作品をアップする、それを告知する、という行為に見返りと反応を求めていない人がいるでしょうか?

そんな現状でも、LUGNETのテーマ別スレッドに自作のBrickshelfフォルダURLを投稿することは、上記「Avatar化の弊害」を防ぐには充分な効果があります。
自分の作品を楽しんでもらうという積極的な意味合いと、自分のアイデアを周知して、今後そのアイデアで自分が他者に恥じたり躊躇したりせず公共の場で発表し続けられるという防衛的な意味合いの両方において、です。
先ほどの問いかけ--反応無き公衆の場に作品をアップする意味--それはもしかしたら商標登録や実用新案登録に似た目的かも知れません。「俺が思い付いたんだぜ。皆、見たよな?」

しかして現在、そのLUGNET自体に、緩やかながら確実な変化が起こっています。
LUGNET/All Fan Of LEGOを取り撒く潮流は、テーマ別コミュニティへの分断化、細分化へと向かっているのです。
Lego User Group NETという崇高な理想は、一部が形骸化しながらも現状維持の方向。
代わりに台頭してきたのが、
Classic-Space.com(宇宙シリーズ)
Classic-Castle.com(お城シリーズ)
International LEGO Train Club Organization(トレインシリーズ)
From Bricks To Bothans(FBTBの方が聞き慣れていますよね。StarWarsLEGO)
BZPower.com(BIONILCE)
といった、創作/シリーズ分野別コミュニティです。南海の勇者や世界の冒険シリーズなどは、個別のコミュニティもありつつ現状Eurobricksが強い影響力を持っている様です。

辺境各域で独立した新コミュニティは、互いに敵対しているわけでも、孤立しているわけでもありません。LUGNETという「帝国」に対しても同様です。
レゴユーザは、各コミュニティの特徴を把握しつつ、自分の興味に合わせてタブ・ブラウザでフォーラムを行き来し、自作を相応しい趣味のコミュニティに投稿するのです。
「何でも出てくる、けれど隣に誰が座って居るのかもよく知らない大衆食堂」に密集する時代から、「自分の好みに合わせて、いくつかの小料理屋とコーヒハウスをはしごする」、そんな時代の始まりです。

自分の作品を、本当に不特定多数の人間に見て欲しいのでしょうか?…その人は貴方の作品に興味が無いかも?その人は失礼ながら作品を観る眼が無いかも?
Brickshelfや自分のサイトに作品画像アップして、自分と同分野で興味を持ち切磋琢磨している人間に話題を振る。LEGOネットコミュニティは年々巨大化している成長期のため、そこに居てすら新たな出会いは日々訪れます。それでいいじゃありませんか。何が不満なんです?

そんな新世界において使われるBrickshelfは、もはや「Recent」という整備された帝国公道を無用の長物にします。
自分のフォルダ、下手をすれば検閲中のDeepLink(直リン)かもしれません。知って欲しい鑑賞者の対象は、細分化された趣味別コミュニティで把握できています。そこにURLを落とせば、見てもらいたい人たちには見てもらえるのです。
street.jpg
巨大帝国の落日、小国家群の林立。かつての歴史では、巨大情報路と人種の坩堝たる大都市の喪失は、混血と議論を失わせ、文明を暗黒期へと衰退させていきました。
もちろん皆さんお分かりの通り、現状はまるでこれと異なります。舞台はインターネットです。隣のコミュニティには光の速さで移動可能です。各フォーラムでIDとパスワードを求められるでしょうが、ちょっと気の効いたブラウザを持っていれば煩わしい事も無いでしょう。
『闇よ落ちるなかれ』?…何を大げさな。マイナーコミュニティへのブロック化と趣味ごとの分居分住が、中の血を停滞させ新しいことを押し出す力を失わせるかもしれない?きっと考え過ぎです。杞の国に御友人は?

私はLEGO友で、Brickshelfにファイルをアップして直リンで話をした後、検閲を通過して全世界公開される頃にはファイルを消してしまうという奇妙な男を、知っています。
Brickshelfの「最もよく見られるフォルダトップ10」に入り、ホームアカウント250,000Hitを遺しながら、全ての画像を消し去ってしまった彼の言葉を、私は最近よく思い出すのです。
「そんな誰ともよぉ分からん人に見てほしくないですやん」
私は、彼の言うことをもっともだとは思いません。私は、彼と全く違う意見を持っています。
ただ彼の言葉を、私は最近よく思い出すのです。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと


みのさん>
残念ですが「ネットは広大だわ」。
インディヴィデュアリストは現世ではテロリストだそうです。
シナリオを描いて躍らせることの出来る人形使いは、限られた才能、極僅かな可能性。
その上部構造の光に手が届くことを願いつつ、今は地を走るのみ、ですな。
はく
2007/01/11(木) 01:45 【URL】 [ 編集]
趣味の細分化は、当然行きつく所なんですが~。

その度合いをコントロールしなきゃいけない商品の送り手側が、
ネットに太刀打ち出来ないのは………。
ん~、やはり言い訳にもならないやね。

ぽえみ~。
みの
2007/01/11(木) 01:39 【URL】 [ 編集]
CTRさん>
>ネットは人にとって過剰な光なのかもしれません
xuerenさんともどこぞで話しましたが、ネット技術は人類史上最大の発明の一つです。
そして、どれだけ長生きしても僕らの世代はきっと、この技術文明の「黎明期」と後代歴史家に記される世界にしか、触れることが許されないのです。

Rikiさん>
>まだしばらく会うまい>黒い人
うははっw
はく
2007/01/10(水) 15:24 【URL】 [ 編集]
>真逆
うがー。
そうかー。己の浅さを激しく再認識だ。
まだしばらく会うまい>黒い人
Riki
2007/01/10(水) 04:33 【URL】 [ 編集]
>人々がネットに隷属するまでは、普通のLEGO遊びは他人の視線関係無しが一般的だったのですが。今は、どうでしょうか。

ネットを無視して事を考えるほうが困難では無いかと思います。

LEGOの最も優秀な伝道者はネットであるし
技術・情報も「個」では到達できない高みにあるのが現実です
加えて、「部品をバラで買う」などという所業は発想そのものが古き時代には無かったと思います。

全ての事象に二面性があり、
強い光があれば濃い影が出来てしまうものです

ネットは人にとって過剰な光なのかもしれません
しかし、この現状以外進む道が無いことも事実。
せめてこの光を旨く使う努力をしようと思います

なんだか意味不明か?
CTR
2007/01/10(水) 03:40 【URL】 [ 編集]
としやさん>
>一人歩きするようなモノ
…の前に、バー付きライトカバーのナイスな使用例を…(レスも付けずに引っ張ってます、このネタ)

あずむさん>
あやややや、ノロノロでしたか!
お子様がいらっしゃる家庭は、通年風邪図鑑ですな~。お大事にです。

「はい!…と、いうわけで!今日の分から!!スマン!!!」とかでは済まないのかしらん?^x^;;;

おささん>
この際、取得しちゃって『WE LOVE STUDS ON BEAMS!! FUCK LIFTARMS OFF!!』とかサイトを打ち立てちゃうのはどうか。

MisaQaさん>
大変結構。
目標も手段も行動も合致していて健康的です。喜んで御仕えしますよ。^ω^

ミニ・スカルプチャの世界は、LEGOの源泉であり基礎でありながら、目立ったコミュニティは無い様に思えますね。
強い興味をもって調べたことも無いので、もしかしたらアヴァロン・ヒルが存在するのかもしれませんが…。
はく
2007/01/10(水) 02:11 【URL】 [ 編集]
Rikiさん>
私が彼から聞いた言葉は、Rikiさんの話とむしろ真逆のニュアンスを持っていた気がします。

・LEGOで作ったものの「元のデザイン」を知らん人に、何を言われても意味が無い。
・ビルテクとかレゴの接続とかどうでもいいから、形を、ラインを、再現性を、見た目を論じて欲しい。
・そういう意味で、一般LEGOファンとかどうでもいい。むしろLEGOで作ったとかいう文脈を無視して、純粋にモデルとして玩具として見てくれる人大歓迎。

…という感じで、彼の言う「よぉ分からん人」というのは一般LEGOファンのこと。そして、LEGO門外漢の人間の感想こそが、彼にとって勝負どころだった様に思えます。立ち位置はzizyさんやsquieuさんに近かったんじゃないかなぁ。

だったらBrickshelfにあげるなよ、という話になりそうですが、だからこそ消していたし、消してしまった、と。彼のLEGO活動を見たければ現状唯一コミケ本の中、というのも、上の流れに沿っている話ではなかろうか。
「レゴラーに見つかってしまうまで限定」でブログをこっそり開店していても、私は驚きません。

以上はもちろん私の主観ですので、間違った風説流布に対し、こっそり呼び出されてボコられるかもしれません(苦笑)。


CTRさん>
人々がネットに隷属するまでは、普通のLEGO遊びは他人の視線関係無しが一般的だったのですが。今は、どうでしょうか。

私はCTRさんとは違って、評価されるのに大きな喜びを感じます。
自分を知らない遠くの人が、作品だけで好評を述べてくれるのには、より大きな喜びです。
紹介記事を書いてもらえば、自作はその労力に値したのかと気恥ずかしくなりますし、先日のDunechaserさんのように翻訳等の別作業の労力を掛けられれば、嬉しさは数倍です。

ですから、CTRさんみたいな感覚の人もいるんだな、というのもまた面白いと言うか、友人にはいろんな幅の人が居て愉しいですね。

Brickshelf=書店論は言い得て妙だと思います。それも、新刊がベルトコンベアで流れる書店ですね。だからこそ、あずむさんの様な書評欄といいますかレビュアーといいますか水先案内人といいますかフィルターといいますか…存在が重宝されるわけです。
総合←→専門も、やはりバランスなんでしょうね。私は極論が好きなので、どうしても記事をドラマチックにしたがりますが、現実はもっと均衡の取れた美しい世界なんだろうとも、思っています。

>「暗黒期」という言葉はあまりにも便利すぎ
真意を掴みかねますが、多義的で、様々な場面で使われすぎていて、意味自体が薄くなっている、ということでしょうか。
それならば同感なので、「暗黒期」に関する用語の記事を新たに起こしてみました。
ちなみに、この『闇よ落ちるなかれ』記事内での「暗黒期」は1番目の、歴史用語の意味合いで用いています。珍しく、です。
はく
2007/01/10(水) 01:55 【URL】 [ 編集]
私は基本的に「見て! 見て!」チャンなのですが、
自サイトは弱小で固定客やリンクは極少・作っているジャンルも超マイナーなので
「Recent」されないと誰も気付いちゃくれません。
だから「Recent」されたいですっ ^o^/
MisaQa
2007/01/10(水) 01:44 【URL】 [ 編集]
直接関係ないですが、

>Classic-Space.com(宇宙シリーズ)
>Classic-Castle.com(お城シリーズ)

Classic-Technicは空いてますな。
http://whois.ansi.co.jp/?key=classic-technic.com

ニーズがないって事でしょうかねぇ。
おさ
2007/01/09(火) 20:05 【URL】 [ 編集]
年明けに3000フォルダ溜まってたわけですが、あれから既に一週間。
4000フォルダくらい溜まってるんじゃないでしょうか。
その上、MisaQaさんから提出されたAvatar問題を鑑みるに、
更に多くの作品が日々アップされちょるわけですな。
棚チェックも、掲示板で始めた頃から丸3年。
年末年始、ノロ様の呪いで酷い目に遭ったので現状のようなことに
なっているわけですが、Brickshelf利用も初心に戻りたい気分。
私も一人歩きするモノを作れるようになりたいです。
あずむ
2007/01/09(火) 03:57 【URL】 [ 編集]
あまり気にしたことはないけど
そう言われるとなるほどそういう考え方もあるのかと。

私は人の意見に興味があまり無いので
自分の棚の作品がどのくらいの人が見てるかとか
○○で取り上げられてた!とか言われても「フーン」
という感じ。

誰がどこで何を言っても私の耳に届かなければ「0」だし
届いたとしても私にとっては既に過去の作品なので
大きな意味を持ちません。

Brickshelfは大型の本屋のような感覚。
何でも揃うけど非常に広くて探しにくい。
マンガが欲しければマンガ専門店
週刊誌が欲しければコンビニやキオスク
に行ったほうが早く見つけられるというのに似てるかも

情報が膨大になればそういう流れになるのは自然かと思いますが
それだと「その分野しか伸びない」ので
やはり大型書店でいろんな本をダラダラと眺めるのも必要かなと。
(どの技術が何に転用できるか解りませんから)

あと「暗黒期」という言葉はあまりにも便利すぎだと思うのだが。
CTR
2007/01/09(火) 00:55 【URL】 [ 編集]
そんな一人歩きするようなモノを作ってみたいもんだw
としや
2007/01/09(火) 00:03 【URL】 [ 編集]
彼の言うことちょっぴり分かる。
自分の知らないところで直リンだけが一人歩きして増殖してさ、
レゴに興味ない人たちのトンチンカンで無責任でへっぽこで無神経でチンカスで鼻くそな意見とか目にしちゃうと結構凹むよな。
いつかまた会おうね>黒い人
Riki
2007/01/09(火) 00:00 【URL】 [ 編集]
ささぽんさん>
あけましておめでとうございます。ようこそHMSL?へ。
ささぽんさんの今年の目標は「暗黒期明け」だそうですが、実はこのブログも、my暗黒期対抗策の一つだったりします。
一緒にリハビリ頑張りましょう。合言葉は「闇よ落ちるなかれ」です(笑)。

相変わらず、誉められても「え~?」って感じですわw 流石ですw
文章を少し手直ししました。長い割に分かりづらい。いや、逆か。分かりづらいから長くなってるんだな。
はく
2007/01/08(月) 18:37 【URL】 [ 編集]
感慨深い。 文章が至高だわ。
ささぽん
2007/01/08(月) 13:45 【URL】 [ 編集]

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/222-25c6c441
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。