HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下は、2007年10月1日付けで、LEGO社から各Ambassador宛に手渡された文書の超訳です。
例によって細かいニュアンスの違いはあると思いますし、内容の正確性を保障するものではありません。原文は「続きを読む」に格納してありますので、御自身でお読みになりたい方は御利用ください。

内容は、2009年の新トレインシステム、そして9Vトレインの今後に関するものです。

FAREWELL9V.jpg

では、どうぞ。

======================

各位

皆さんの多くは、9Vトレインシステムに関して現在進行中の議論にお気づきのことと思います。
私たちに対し、様々なチャンネルを通じて直接ご意見を賜っていることに、感謝を申し上げます。
多くのLEGOファンとのディスカッション、コンサルト、そして重大な企業意思決定に基づき、私たちは一つの解決法に注目するに至りました。
それは、トレインシステム2種を維持する煩雑さを解消し、現行の9Vシステムとリモコントレインシステムが抱える課題を解決するためのものです。

私たちは近い将来に、全年齢に応じてアップグレード可能なトレインシステムを構築します。

LEGOグループは、9Vトレインの行く末に関して長期間熟慮を重ねてきた結果、収益面/市場競争面において十全足りえないとの結論に達しました。
現状の生産機器は撤去の時期に来ており、外注メーカーにモーターとスピードコントローラーを発注する場合、最小ロットを考えても、グループが投資として考える金額はあまりに高価なのです。
結果として、現在販売されている9Vシステムの部品は在庫限りの最終販売ロットとなり、その後9Vシステムに関する部品生産は終了されます。

LEGOグループは2009年に、新型LEGO給電システムに基づく新トレインをリリースします。

この新システムを用いることによって、新トレインシステムはテーマ/ジャンルを越えて電動部品を享受できるようになり、トレイン限定部品の製作の必要性がなくなることによって、総合的にコストダウンを図れるようになります。

現在、新トレインシステムは初期開発段階ですが、新システムをLEGOファンコミュニティによって要求された特徴/機構仕様に合致するものにすべく、何人かのLEGOファンに既に開発プロセスに関わってもらっています。
このコラボレーションは、LEGOグループにとって大変重要なものであり、私たちは成年LEGOファンコミュニティの協力を可能な限り得たいと考えています。

ドイツHolger Matthes(訳注:Matt!トレイン系の偉い人。)、新システムの開発プロセスに関わってもらている現行ファンメンバーの一人は、現状を以下の様に説明してくれています。
『LEGOのトレインシステムは非常に特殊で、異なった客層の異なった要望を満たさなくちゃいけない。
子供部屋での遊びやすさと広げやすさ、始めやすさから、ちっちゃい子たちの玩具である一方で、
リアルな外見と機能のトレインによる、巨大レイアウトを組み立て可能な、大人のホビーでもあるんだ。
LEGOグループはこの事に気づいているし、両方の要望に応えようと頑張っている。ニッチ商品でもあるトレインに対するコスト面など、与えられた制約の中で、ね。』

新型LEGO給電システムをトレインにも適用することで、LEGOグループは、将来的にLEGOトレインファンコミュニティの願いや要求により幅広く応えていくことができるようになるでしょう。

米国Steve Barile,ILTCO代表も本件に関わっており、以下の様に述べています。
『僕は、新型LEGO給電システムに興奮している。線路際の様々なアクセサリを稼動可能にする上、それを自動化したりインタラクティブに実現する可能性を秘めているからね。
線路も完全にプラスチックとすることで、新型LEGO給電システムは、革新的な線路レイアウトを可能にし、LEGOファンとLEGO社の間で改良し続けることを可能としているんだ。』

このLEGOファンからのメッセージで、あなたは将来のシステムで何が実現されうるかの印象を抱いたことでしょう。
新型LEGO給電システムに関しては、引き続きお知らせしていく予定です。
年末前には、より多くの詳細な情報を共有できるものと思います。


2007年10月01日/ビルンド
Richard Stollery, Head of LEGO Community Development
 
 
Billund, Oct. 1st ’07
Dear all,

Many of you are aware of the on-going discussions on the 9V train system. We would like to thank you all for the input you provided to us directly and through different channels. Based on critical business decisions and the consultations and discussions with various AFOLs we have decided to focus on one single solution in order to avoid the complexity of maintaining two systems in parallel and in order to solve the issues we have with the actual 9V system and the remote control City train system. We envision one upgradeable train system for all ages in the future.

The LEGO Group has considered the future of the 9v at length, and has come to the conclusion that there is not sufficient demand for the product line to be profitable and competitive. The existing machines need to be replaced and minimum order quantities at external suppliers for motors and speed regulators are so high that the investment The LEGO Group would have to put in, would not be rational or reasonable compared to sales figures of the existing 9V system.

The implication of this is that the 9v elements sold now are the last of the remaining stock and subsequent production of elements for the 9V platform has ceased.

The LEGO Group will launch elements for a new train system based on the new electric LEGO Power Functions system in 2009. Using the LEGO Power Functions system the new train system will benefit from a set of electric elements that are cross theme, widely available and not completely train specific which allows us to amortize the development and on going cost across multiple themes. We are at an early development stage of the new train system and several AFOLs are already involved in the development process, to ensure that the new system will accommodate the types of features and functions requested by the AFOL community. This collaboration with AFOLs is very important to The LEGO Group and we strive to involve the Adult Fan Community as much as possible.

Holger Matthes, Germany, currently member of the AFOL team which is involved in the process of developing the new system explains the situation in this way:

“The LEGO train system has to fulfill different needs for different target groups in a very special way. On the one hand it’s a toy for kids because it is easy to set up and because of the playability in the kid’s room, and on the other hand it is also for AFOLs who build huge LEGO train layouts with realistic looking train models and functionality. The LEGO Group is aware of this and the company tries to support both needs within the given restrictions (e.g. costs for a niche product like the LEGO trains).”

Using the universal LEGO Power Functions system for trains will give The LEGO Group the ability to match the demands and wishes of the AFOL Train community in the future.

Steve Barile, USA – President of ILTCO (International LEGO Train Club Organization) and one of the involved AFOLs says about the new train system:

“I am excited that the new universal Power Functions system can make track side accessories viable and potentially automated and interactive.”

He continues:

“With the track being exclusively plastic the LEGO Power Functions Train system has the potential for new and innovative track geometries and continued innovation by both The LEGO Group and the AFOLs.”

These AFOL quotes give you an impression of what will be possible with the future system and we will keep you up to date on the development of the new LEGO Power Functions train system. We expect to have more information and details to share with you before the end of the year.

Richard Stollery, Head of LEGO Community Development

スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと


tQyさん>
はじめまして。ようこそHMSLへ。
4.5Vは、セット自体を展示しても、自作例を並べても、いずれも魅力あるコンテンツになる素敵なシリーズだと思います。

今度の新システムは、10年の計を具え、また10年保つデザイン設計である事を、願うばかりです。

>翻訳、お疲れさまでした。
レゴライフの一助となれば、何よりです。今後ともよろしくお願いします。


Nyuさん>
>私の工場の機械に似合わないのだ!
出た、結論wwwwww

まぁ、ホワイト&オレンジの外装は常識的に考えてハメてこないと思いますが、
万が一それでリリースされても、世界中のトレイン愛好家人口はなかなかのもんですから(しかも皆さん結構熱心)「隠すアイデア」「街中にあっても違和感無い装飾」とか、一生懸命提供されるのではないかと思いますよ(笑)。
はく
2007/10/08(月) 02:09 【URL】 [ 編集]
レール8幅は無いと思うけどボディー8幅はあるかもと。
非接触給電は
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=06/11/17/0314227
なんて技術もあるけど、むーん、違うよねえ。
ただ気になっているのは信号機や踏切を動かせそうな給電システムということで
どこかでそれなりの電力サプライが必要だと思うし
複数列車の制御や信号、サウンドなどの制御を考えると
デジタル制御は登場してくると思う。
ただオールプラスチック線路となると通常の鉄道模型とは
違ってくるなあ。
うーん、一体どうするんだろう。
ただしもっと心配なのはモーターやケーブルがどうなるのか。
新しいモーターはかさばるし、ケーブルは太くて取り回しにくいし
妙になめらかな外観がそもそも私の工場の機械に似合わないのだ!
トレインを離れても、このモーターシステムが標準になるとしんどいなあ。
Nyu
2007/10/08(月) 01:12 【URL】 [ 編集]
はじめまして。

個人的な話で恐縮ですが、WEBで皆さんのトレイン作品を拝見すると、20年の間にすごいことになっており、あぁ自分でもやりたいなーと思う反面、一からレールを買うのに戸惑いがありました。

今回のニュースは、ひょっとすると私の4.5V時代の資産も有効活用できるんじゃ?
という夢を一瞬見ました。そういう意味では、GOOD NEWSかも。

翻訳、お疲れさまでした。

それでは。
tQy
2007/10/07(日) 22:09 【URL】 [ 編集]
Nyuさん>
>システムのバランスを考えるとトレイン8幅も来るのかも。
Nyuさんの考え方は少数派みたいですよ。

金属ゲージからの交流給電が視野内に無いならば(Nyuさんが雑談用に示した最新技術はさておき)、バッテリーに頼るしかない。
小型バッテリーは非力を意味し、非力は編成の縮小化、そして8幅以上のリアルな列車を走らせられないことを意味する。
そう考えてる人が多い様です。
素晴らしい。
皆、戻っておいで…(OnO)♪
はく
2007/10/07(日) 01:25 【URL】 [ 編集]
この記事に対するLUGNETでの反応が知りたい方は、以下をどうぞ。
やはりそれなりの耳目を集めている様子。
http://news.lugnet.com/announce/?n=3637

いくつか追加情報も手に入るかも知れません。
例えば…
・レールの幅は変わらない。9VやIRとコンパチで相互乗り入れ可能の予定だ。
・2009年に新システムをリリースするまでは、IRトレインはカタログ落ちせずに売り続けられる。
など。
最初の方をザッと見ただけなので、興味ある方はさらに覗いて、何か分かったらここで共有してくださると助かります。
はく
2007/10/07(日) 01:13 【URL】 [ 編集]
皆さんコメントありがとうございます。引き続き、気になる方はコメントをお寄せください。
コメントのメンツが普段の記事と微妙に異なるのが、トレインならではって事ですか。
流れを読んで、個別レスは控えさせていただきます。
まずは、なもさん初めまして、ようこそHMSLへ。

さて、訳中太字の部分は訳者の判断でして、自分的にはその辺が注目のキーワードかなぁ…という感じです。

新システムに対する期待と不安は、皆さんの分析や感想を参考にしていただくとして、はく的にメモっておきたいのは『LEGO社は製品作成以上にユーザの取り扱いが上手くなったなぁ』ということ。

今回の事案を例に取れば、ぶっちゃけ---
「IRトレインでお茶を濁してみたけど、トレイン規格が2重になっちゃってコスト的に全然ダメだから9Vやっぱ辞めるわ。
ホビートレインとか1年前言ってたけど、まぁその頃には見えてたんだよねぇ…こうなること。じゃ!」
って事なワケですよ。…で、こう書いちゃうとAFOL大反発。

そこで、新システムの美味しいところ片鱗を見せて妄想を膨らまさせ、
かつ「トレインの偉い人」を仲間内に引き込んで、宣伝に協力してもらう。
「Matt!が、ああ言ってるんだから、そうひどい事にはなるめぇ」
と言うわけですな。

実際、新Mindstorms系の、あの白にオレンジアクセントの電気機器群を提供してくるつもりなのかは分かりませんが、センサーや小型機器満載の素敵な規格で出てくれば「Matt!の言うとおりだった」と歓迎されますし、もし最悪の規格で出てきても現時点から叩かれまくって売上の出足が鈍る事は避けられるわけです。

もっとも、最近の対話の方向性と実際ユーザが協力して製品の質が上がっていることは現実なワケで、明るい面と暗い面、良い悪いではなく両面から、LEGO社はユーザ・コミュニケーションを真剣に議論して投資したんだな、と感じます。

某国の現地販売代理支店も、もう少し総合的に本社を見習えると良いんですが…。
人手も決断も足りないことは想像つきますし、深く同情はしてます。
はく
2007/10/06(土) 20:29 【URL】 [ 編集]
超訳、非常に助かります。

まぁ9VシステムそのものはIRが出た時点で先行きはかなり暗かった
ですからねぇ・・・
遂に来るべきものが来たか、といった感じです。

しかしSteve氏の言う完全プラスチックの線路云々、とかジャンルを超えた電動部品云々、ってのは一部を除いて今のIRとそう変わらないような気がします。

ま、現行IRはその一部・・・"あの巨大な"受信ユニットが致命的問題なわけでw

てことで、実は新システムは現行IRに新型の「小型受信部」と「小型モーター」とか夢の無い予想をしてみるw

とはいえ「インタラクティブに実現する可能性」がどういう意味なのか予想もつかないですし、最も期待が掛かる部分でもあります・・・

個人的には、現行規格にさえ合っていればどんな形態でも良いかな・・・
あと、願わくは9Vパーツへの、少しのアフターケア・・・やっぱり#4558や#4563はずっと9Vシステムで走らせたいですからねぇw
awazo@懐古主義トレ(ry
2007/10/06(土) 00:35 【URL】 [ 編集]
ネタとしてRCトレインを買っておくべきかどうかを悩む。
サンタさんが持ってきてくれないかなぁ。
あずむ
2007/10/05(金) 23:32 【URL】 [ 編集]
事象に関する印象は、TB先のほうで記しました。やはりコメントに窮する事象です……。

9Vの終焉はいつか来ることと分かってはおりましたが、現実になると思っていたよりも辛いものです。新システムに関して前向きに考えねば! と思いつつ、不安は収めきれません。


>日本のLEGOトレ業界では、どこかで話題になってたりするんでしょうか(OnO);;;

今回は紹介と訳出有難うございました。
「これから」話題にしていこうと思っています。
sekiyama
2007/10/05(金) 22:00 【URL】 [ 編集]
RCトレインのすすり泣く声が
聞こえて来るよな来ないよな・・・
オオノ
2007/10/05(金) 21:12 【URL】 [ 編集]
レールからの給電が必要無いなら、12Vみたいなバラバラになるレールでも同じって事ですよね…
盛り上がりに水をさすようですが、9Vって好きじゃないんですよ。レゴなのに融通が利かないし、車輪もレールも一体成形で鬱陶しいし。(こんな事言うと怒られるかな)

車体幅は6でも8でも何でもいいのですが、車輪は単独で、大中小、テクニックの一部としてのパーツがあれば、あとは小さい電池ボックスとかあれば、新規格の赤外線コントローラー繋いで何とかなると思うんですけどね。

組立て難易度的には、更に敷き居が高くなってしまいそうですけど、汎用パーツになる事(入手が簡単&手持ちパーツが流用出来るコスト安)で、チャレンジする人は多くなりそうな気はするんですけどね。
G@ひたひた
2007/10/05(金) 15:59 【URL】 [ 編集]
ぎゃふん(;;)w

情報ありがとうございます。
さよなら9Vですね‥でも記事読ませてもらって、新システムがいかに期待出来そうか、希望の香りが強く感じられ良い情報だと思いました。
台車の制約が無くなれば夢も広がります♪
しかしレールから供給しないなら‥とか色々どうするんだろうって問題は山済みな気がしますね。
流石にレールは変更しないと思うのですが(と言うか皆して欲しくないだろうしw)現行でさえすでに台車の幅を考えるとリアルなら7か8幅サイズだと思うのでそこは変更が無い事を願いたいですね。
suu
2007/10/05(金) 13:56 【URL】 [ 編集]
早速翻訳していただきありがとうございます。
(いつも助かります。)

昨晩翻訳ソフトを駆使し自分なりにも読んでみましたが、なんか9Vがなくなっちゃうことより、新システムへの妄想が勝ってしまっている状態です。実際には詳細も不明ですし、今の段階ではなんとも言えませんが、個人的にはいい方向に進むのではないかと楽観しています。

ところで、昨夜はこの記事を読んだ後すぐ寝たせいか新システムが夢に出てきてしまった。(大の大人の見る夢じゃないなぁw)
なも
2007/10/05(金) 10:43 【URL】 [ 編集]
情報提供ありがとうございます。
非接触式給電
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071003/140136/
でもねらっているのでしょうか。
往年の12Vをしのぐシステム性を持ちそうですね。
大人レゴトレインファンの線路を総取っ替えさせる気なのでしょうか。
ところで自動車、飛行機、船と幅拡大による
脱おもちゃ化がいまだトレインには及んでいないのですが、
システムのバランスを考えるとトレイン8幅も来るのかも。
Nyu
2007/10/05(金) 02:28 【URL】 [ 編集]
わりかし大事なことが書いてあると思うのですが…
日本のLEGOトレ業界では、どこかで話題になってたりするんでしょうか(OnO);;;
はく
2007/10/05(金) 01:57 【URL】 [ 編集]

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/351-c359f2ee
この記事へのトラックバック
12家族住んでいた長屋を更地にして、8件の分譲住宅を建てる。 mixiのレイアウト変更とは、つまるところそういうことなのではないかと思う。 新しいモニターや、新しいPCを買えない人はゴメンナサイ。所得の差で足切をして、より収益性の高い体質へ変わっていく。それ自体は
2007/10/23(火) 09:17:52 | 【TaQuYa’s blog】 楽しい「おもちゃ」と「デザイン」について、日々考えること
(^^)/ はろはろ。 【レゴ2008 カタログスキャン】 はくしゃくんトコの10/8の記事によると、海外で業者用カタログのほぼ全ページスキャンが登場。 元のページでは既に削除されてるみたいっすケド、はくしゃくが保存したスキャン画像を見られます。 ワイワイガヤガヤ盛...
2007/10/08(月) 18:19:08 | レゴ系
 9Vの収束と、新システムについて。  正直、コメントに窮します。とりあえず、EJLTC掲示板のなも殿のコメントを引用します。 やはり注目は冒頭のレゴ社より示されたトレインの次世代システムの移行への記事でしょう(はくしゃくさんのところに日本語訳が早速アップされ...
2007/10/05(金) 21:48:34 | Legoゲージ推進機構日報~レゴトレイン・ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。