HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待望の #10184 Town Plan のパッケージアートが公開になりました!
10184thumb.jpg

以前から部品一覧は明らかになっていたのですが、全体のセット構成が見られるのは今回が初めて。
10184backthumb.jpg

BrickJournalを通じて、個々のモデルの写真も明らかになっていますので、ここに並べておきます。


公会堂
ガススタンド
映画館

公会堂内部

ガススタンド内部

映画館内部その1

映画館内部その2


Back to 50's !!
レゴ社が「レゴ・ブロック」の鋳造金型の特許を取得した1958年から50周年を記念して、今回のセットがリリースされました。
先代社長にして創業者の孫Kjeld Kirk Kristiansen(KKK)が発表したプレスリリース
によると、デザインの発想は1958年にリリースされた【#306 Garage】を基にしていると書かれていますが、ボックスアートから分かるとおり、実際のリメイク元は1961年発売の【#810 Town Plan】と考えるべきでしょう。

このセットは、モヂュールタウンのラインナップでは無い、という事になりますが、先日のインタビューで、CafeCornerのデザイナーは「古い町並みの再現を念頭に置いていた」と答えていましたから、モヂュールタウンとの相性は良さそうです。

個々の作品は、#10182 CafeCorner と比べてしまうと、数段落ちるシンプルさ。
ですが、公会堂(CityHall)、オイルスタンド、映画館、広場、自動車を揃えて街並を広げようとする「意思」、それは確かに50年前にLEGO社が#810で目指した「町づくり」のコンセプトそのもの。
深読みすれば、応用範囲の広い平易簡素な部品を2000ピース提供することで、自分なりの街を作り出すための「素材ボックス」として、その構成も見えてくるかと思います。

余談になりますが、パッケージに出ているオジサンは、KKK御本人。
50年前もモデルとして#810のパッケージに出ていた
のが、今回50年ぶりに登場、ということの様です。
変わりゆくもの。そしてそれでも、変わらないもの。


海外発売は2008年1月の予定です。
モヂュールタウンは2008年前半、これ以外に「青果食料品店」のセットが控えているのか。楽しみすぎる(笑)。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと


tQyさん>
お名前の読み方了解しました。皆さん凝ってますな~。私のは、ばかっぽいですが。
いや頼むそこの人「ぽい」を持ってくな「ぽい」を。

洗練された部品…というのを読んで思うんですが、ミニフィグ作品として本当に複雑化かつ洗練されていくのはSYSTEMからなんですよね。LEGOLANDのtownは、どこか直感的かつ元素的だと思います。
SYSTEMの洗練と複雑化は行き着くところまで行き、その果てに恐怖のアンチテーゼ「juniorization」が始まったわけですな…。


AngRophileさん>
最近は、携帯でHMSL新着コメントを眺めて、誰の発言か推測しながら読む管理人です。(lol)を使うところでAngさんと推測、インスパイアで確信、そして大当たり。いっひっひ…って、わたくし別に性格悪いわけではないですから!ええ!

「このおっさんも箱絵のおっさんの如く嬉々として遊ぶんだろーか……」
とか具体的にレジの兄ちゃんに想像されちゃいそうです。
いや私は多分ネット買いなので心配ないですとも!!!


かう゛ぇさん>
おっさん大人気(笑)。創業者の孫に対してなんと失礼な人たちか!

コメントを拝読して思うんですが、本当に贅沢な要望になってきたと申しますか…現在は、数年前からは考えられないくらい良い状況なんですねぇ、しみぢみ。
小春日和に気づけない者に限って、冬の木枯らしにうらみつらみをこぼすもの。懐古を声高に唱える人間として、少しでも改善した部分は大切に大切にしたいものです。
はく
2007/10/23(火) 08:21 【URL】 [ 編集]
このおっさんも付属するんでしょうか・・・だとしたらいらないw

日本でどれくらいの値段で出てくるのかなぁ、ってところでしょうか。
しかしカフェコーナーを筆頭に、このへんの大人しか買えないキットが
どんどん出てきてますね。

それはそれでいいんですけど、ピザ屋とかアイスクリーム屋とか、
普通に小さい子どもが買えるキットでいいのも出してほしいです。

そういう意味では昨今のお城シリーズは原点復帰にしている感があり
あとは街シリーズにそれがくればと思う次第です。
かう゛ぇ
2007/10/22(月) 15:44 【URL】 [ 編集]
おお、こう来ましたか。
Town Plan という名前と車輪のパーツ、どんなセットになるのかととても楽しみにしていました。箱絵がおっさんなんだから、堂々と買えますね(lol)。1961年のセットにインスパイアされているかもしれないとのコメント、自分の誕生年なので意味なくニヤニヤできました。
このコメント自体もほとんど意味ないな...
AngRophile
2007/10/22(月) 09:48 【URL】 [ 編集]
>#6000で、2人のミニフィグが引越作業のあと映画館へと入っていくくだりは、
>当時ロードプレートが登場して「世界の造り方」を顧客である子供たちに教えるために作られた構成らしいです。
当時は、#361ガレージをわざわざ買って、2人の旅路に合わせ、まんまとはめられて、街を造りまくりました。
当時としては洗練されたLEGOLAND用の細かなパーツのみでなく、当時の基礎セットの少し野暮ったいパーツも潤沢に使用されているあたりが、子供心に下方互換の計算を感じて嬉しかった事を覚えています。(下方互換という言葉は知らなかったけど、ぼくの持ってるパーツでもここはおんなじに作れるW みたいな)

>ところで、お名前はなんとお読みすれば(OnO)?
taquyaの母音を抜いたものですので、元の【タクヤ】と読んでも結構ですし、子音のみをイッキ読みで【テキィ】と読んでいただいてもOKです。
tQy
2007/10/22(月) 07:32 【URL】 [ 編集]
shinobさん>
>何がいいって、やっぱり中を作ってくれてあるってことにつきるわ。
まぁこれぐらいは自分で作りましょうよ、と思いつつも、やっぱりビルドインだと嬉しい(笑)。
インテリア小箱とか出せばいいのにね。それこそIMPULSEとかでさ。

tQyさん>
>唯一購入したアイデアブック#6000の24P~49Pあたりの写真を思い出しました。
#6000で、2人のミニフィグが引越作業のあと映画館へと入っていくくだりは、
当時ロードプレートが登場して「世界の造り方」を顧客である子供たちに教えるために
作られた構成らしいです。
つまり、今回のセットの元になったTOWN PLANと同じイデオロギーを持っていたわけで、
そう感じられるのはある意味正しい理解かと。

ところで、お名前はなんとお読みすれば(OnO)?
はく
2007/10/22(月) 05:35 【URL】 [ 編集]
うわぁー。
中の写真を拝見いたしましたが、なんか、凄く懐かしいです。

唯一購入したアイデアブック#6000の24P~49Pあたりの写真を思い出しました。

来年が楽しみですね~
tQy
2007/10/21(日) 23:05 【URL】 [ 編集]
あー、このギリギリのキツキツ感、アタシも好き。
映画館は確かにのっぺりだけど、上の部分のヘッドライトパーツ+タイルの雰囲気とかはかなりいい感じ。
何がいいって、やっぱり中を作ってくれてあるってことにつきるわ。

shinob
2007/10/21(日) 22:14 【URL】 [ 編集]
勘違いしていた部分も含めて、大幅に記事を増補訂正しました。是非再読ください。
個別モデルも明らかになったので感想など。

公会堂
玄関の主柱の造りが一工夫あって面白い。受付カウンターの雰囲気もシンプルな中に美しさが。

ガススタンド
タイヤ置きや室外機など、小物の雰囲気が上手い。スナック売り場もイイ感じの処理。

映画館
看板とチケットゲートは良い感じなんだけど、建物はノッペリ。予算限界か…。
コーラ&ポップコーン売場にベンダー、狭い客席など、あらゆる意味でLEGOLAND的。シンプルな部品で最大の効果、そして人数や規模のデフォルメも含めた見切りの目の凄さ。好きな感じです。
はく【記事更新】
2007/10/20(土) 22:12 【URL】 [ 編集]
Peachtreeさん>
>LEGO社が原点回帰を明確に打ち出した商品でしょうか?
LEGOリリース50年記念の作品として、式典行事的に出してるのが上手ですね。
これ単品だけ出して、また元の流れに戻ってしまっても、何ら違和感無いパッケージングなわけです。


shinobさん>
2007年、2008年とわくわくする製品がリリースされ続けている、それだけでも大したものだと思うのです。


2人の贅沢な悩みに関して。
>4つのセットに分けて発売してくれればいいと思いました。
>こういのをひとつのシリーズとしていろんなラインナップを出してくれないかなぁ。

これはLEGO Direct の商品なので限定した流通/小売に流れる以外はネット販売なわけですが、
同じ雰囲気の小さな製品が何個か並んで(Peachtreeさんの路面電車駅が中箱、Hiroさんのブロンズ像スクエアが小箱、みたいに)、
一番の憧れ大型町並みセットとして、この箱が棚の最上段で物欲を煽る…ってのが一種理想ですなぁ…。

まぁ実現しないんじゃないかな。
実現したらしたでHMSLは要らなくなるんだけどw
はく
2007/10/20(土) 18:42 【URL】 [ 編集]
わくわくする製品だ~。
新しいパーツや色を使っても、
「基本的なところはレゴは変わってないんだよ」
というお手本のような街並み。
こういのをひとつのシリーズとしていろんなラインナップを出してくれないかなぁ。

ってそこまで求めるのは贅沢か。
shinob
2007/10/20(土) 13:09 【URL】 [ 編集]
LEGO社が原点回帰を明確に打ち出した商品でしょうか?
最近リリースされているLEGOファンの喜びそうな商品は
一般の人にも受けているのかなあ。これもとってもいいけど
でかいからきっと高いですよね。4つのセットに分けて
発売してくれればいいと思いました。
こんな素敵なセットを目の前にして贅沢な望みですね。
でもこんな高そうなセットを買うのも贅沢だし、はいー。
Peachtree
2007/10/20(土) 09:43 【URL】 [ 編集]
なもさん>
元々は、こういう会社だったの。ただ市場経済が彼らを呪ってしまったの。
皆が彼をがんじがらめにして、眠らせてしまったのよ。

参謀さん>
涙腺緩みますよ~(T■T)

Back to the Future を連想した人は、Eurobricksのスレッドにも居ましたヨ。
時と因果律と親子の繋がり、世代文化の相克と敬意、老人と少年の友情、
そして何よりも、デロリアンが消えて炎の道が残されたときのワクワク感。
素敵な映画でした。ゼメキスは馬鹿映画を目指したのかも知れないけど、想定以上に多くを遺してくれた作品だと思います。


noriさん>
同感です。
このセットが珍しくもない凡百のセットとなった時、
その時こそ、HMSLはその存在意義を失い、消滅するのでしょう…(OnO)


sekiyamaさん>
確かに、モヂュール性や拡張性にどれくらいの意識が向いているかは気になるポイントです。
単なる50周年の街セットってことも…無いか。この流れの中で。


M。。。さん>
なるほどLEGO社からのバースデイ・プレゼントでしたか。その考えは無かったな。
ありがたく買うことにいたします(笑)。
はく
2007/10/20(土) 01:49 【URL】 [ 編集]
HMSLオーナーのお誕生日にふさわしい
グッドニュースですねv-25
おめでとう、そして、おめでとう。
M。。。
2007/10/19(金) 23:35 【URL】 [ 編集]
建物にインテリアが考慮され、裏面解放だったり開閉式だったりするのは1978~1980年代LEGOLANDへの回帰なのでしょうか?
確かに「数段落ちるシンプルさ」ですが、その代わりに
得たもの、取り戻そうとしているものは有るのかもしれないですね。

そんな訳で、CAFECORNERの路線とはちょっと違った流れを感じています。
sekiyama
2007/10/19(金) 20:24 【URL】 [ 編集]
これまた、いいセットがでますね。欲しい....(カフェコーナーも買えてないのにw)これから普通の街シリーズとこういうセットとの差がだんだん縮んでいっていったらいいですね。
nori
2007/10/19(金) 19:39 【URL】 [ 編集]
 見ているだけでウルウルできるパッケージですね。

 町並みを再現しようという試みは、#365Wild West Sceneや#6390Main Streetに通じるアプローチですね。
 子供の頃はこういうセットにワクワクしたんですが、今のお子様達は違うのかしらん。ぜひぜひ一般発売して欲しいものですが。

 映画館に飾られたポスターも気になります。
 早く詳細画像が見たい!!

>Back to 50's !!
 市民ホールを見た時、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の時計台と重なって見えたのは、そういう事なのかな(^_^;。
参謀
2007/10/19(金) 18:17 【URL】 [ 編集]
子供がおっさんになってる・・
こういうセンスがレゴ社にあったとは。
なも
2007/10/19(金) 17:38 【URL】 [ 編集]

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/357-c31c3170
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。