HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沿岸警備隊ヘリコプターと海難救命ユニット。
11‐12月期のLEGO Magazine内の広告に掲載されていた写真を、有志がスキャンしてくれたものです。

クリックで拡大しますが、さほど鮮明な画像ではありません。

MetroLinerのダンパー部品の黒は、10年ぶりのお目見え(…と言うか、Res-Qが10年前の製品と知って愕然とする中年レゴマニア。)
その上に載った水色透明の風防ガラスは、ModelTeamに使われていたものです
救命ラフトの四方を覆っている六角形フラッグは、おなじみジェダイ・スターファイターのもので、オレンジ色は初出。オレンジ色のジェダイ・スターファイターが、いくつもBrickshelfに並ぶのでしょう。

何らかのパワーユニットで、ローターが回転、ウィンチも巻き上げ機構が付いてる様な表示ですね。
警察の水上艇同様、やや大振りのパーツで大型に仕上げた、低年齢向け仕様に見えます。

あ、あとサメが付属。ファーストインプレッションは、こんなとこで。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと



TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/367-1d80036e
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。