HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お正月にBrickLinkで2006ラインナップの一部が流出してから、怒涛の勢いで1ヶ月が経ちました。
HMSLがほぼ毎日更新を強いられたのは、様々な写真が流出したことも然りながら、とにかく商品点数の多さが原因であるように思います。SWメインラインとHarryPotter抜きでこの攻勢ですから大したものです。10月期までのラインナップ総覧でしたしね。

Toy Fair UKに久々に出展したLEGO社は、何人かのリーク対象を選んだだけで写真撮影をメディアに対し拒否。今年のラインナップ画像全貌は、やはり例年どおりToy Fair NY[Feb.12-15/2006]で本公開ということになりそうです。
注目は何と言っても「BatMan」「最大のTechnic製品」の画像、そして何か隠し玉を用意してあるか、です。
とりあえず、私は、BatMan、Xpod、Creator(Designer)、Racers、あと出来次第でTechnicに手を伸ばしそうな感じです。新色控え目の製品もありそうで楽しみな感じ。
街シリーズでは、空港ですか。箱吟味して間近で製品見て決めたい。電車も…貨車のほうは買って遊んでみるかもですね。未だに#8364広げられない自分の言うことなんて信用なりませんが。orz
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと



TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/43-4f0ebfd5
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。