HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【#10190 MarketStreet】を購入される方は、あわせて【#4954 別荘】をお求めになるべきです。



kishidog's 4954-module-house


この写真を初めて拝見し衝撃を受けたのは、昨年の11月。紹介したい紹介したいと思っているうちに、半年が過ぎ去ってしまいました。
この邸宅モデルは、私が今までに接した「1セット中の部品だけを使って組み替えた限定作品」の中で、最も素晴らしいと評しえる作品です。

今回の作品の真価は、レビュー形式だけではどうしても味わいつくせないと思います。
ですので、できればまず上の写真かこちらをクリックされて、作者キシイーヌさんの作品紹介ページを直にお楽しみになってください。

はくしゃくのレビューは、《続きを読む》に格納してあります。
 
 
それでは改めて御紹介しましょう。
今回の”継ぐ者”キシイーヌさんが作られたのは、モヂュール・タウン規格の瀟洒な邸宅。

しかもこの作品、なんとCreatorシリーズの【#4954 別荘】1セットの部品のみで構成されているのです!
メリハリの利いたディテーリングと統一感のあるデザイン、ある種の部品不足を巧みな設計と表現で補っているこの作品が、たった一箱の組み換え例だと信じられるでしょうか!?
Creatorシリーズの箱から、ModuleTownシリーズの作例が飛び出してくる遊び心も、たまらなく「LEGO」しています。

さて驚くのは、まだ早い。
さらにこの作品、#10190 MarketStreetで導入された「モヂュール・ハウス」の提案を受けて、16x16ポッチのフロア単位での組み換えが可能となっているのです。
外観だけではありません。野心的なこの邸宅のモヂュール化は、さらに徹底されています。
邸内中央に仕込まれた階段の向きと部屋割りを、ワンタッチで変更可能にした、《内壁モヂュール》とでも称すべきアイデアにより、この家は一見非対称的な外観を保持しながら、内部は充分なレイアウト自由度を獲得しているのです。これぞまさにLEGO!
バルコニーや屋根の位置を変幻自在に変えながらも、ミニフィグたちの動線が騙し絵のごとく途切れてしまうことは、決してありません。さながら、ひたすら前へ進む主人公を上手に外へと脱出させるファミコン・ゲーム。その上級者のプレイを見ている気分です。
キシイーヌさんの組み換え邸宅は、
【#10182 CafeCorner】で街区の規格化を達成したJamie Berard、
【#10190 MarketStreet】でフロアの互換性とデザイン変化を可能にしたEric Brok、
その両者のデザインを消化/昇華し、さらに一歩モヂュール・システムを深化させた、画期的作例といえるでしょう。

…書いてみて分かったのですが、どれだけ言葉を重ねても、作例の真髄に辿り着くのは難しそうです。
モヂュール規格を統一した結果、#10190と合わせて現れる幻想的な街角の光景だけでも、この邸宅の設計が秘めているポテンシャルを実感できるかと思います。

ベージュの小さな邸宅の設計者は、実に才気溢れるビルダーです。昨年早い内に#10190 MarketStreetに触れ、製品の構造とモヂュール規格を自家薬籠中のものとし、その規格を以って#4954の部品箱だけ新たな遊びを作り出してしまったのですから。
珍部品を次々に購入し部品袋に埋もれて結局何も作れない筆者としては、恥ずかしくて逃げ隠れる穴を探してしまうところです(笑)。

#10190購入予定の方も、クリブリが遠く今回は断腸の思いの方も、(おそらく家中にあるであろう)#4954を取り出して、是非《キシイーヌ邸》をお部屋で再現してみてください。
モデル実写による精細なインストもBrickshelfにアップされています。
そうそう、このインストのフォルダー、フレームから照明の環境まで全くズレない写真が100枚並んでいることもノートしておきましょう。キシイーヌさんの人柄の一片に触れる思いです(笑)。

レビューの締めに代えて、キシイーヌさんへの不満を一つだけ記させていただきます。
もっとブログを更新してください。もっと作品を見せてください。
これだけの絵を見せられた上で、寡作、というのは、鑑賞者にしてみれば「知らなければ良かった才能」という禁断の葡萄酒にほかならないのですから(笑)。

作品をご覧になられた方も、ゴールデンウィーク中に再現してみた方も、心に残る想いありましたら、キシイーヌさんのブログにコメントを記されてはいかがでしょうか。
その折り、次作希望のプレッシャーを掛けるのが、はくしゃくオススメということで(笑)。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと


G@ひたひたさん>
>世の中には頭の良い人がおられるのですね~というのが第一の感想です。
G@ひたひたさんも、よく組み替えされてたり、Technicでオリジナル(可動)作品を造っておられたりと、
私からすると「頭の良い人」の部類なのです。

>モジュール‥という合理性&意味の本質をこの作品を見て初めて理解しました。
作品が繋がる、アイデアが繋がる、人が繋がる…それも世界規模で。
もうビバLEGOですよ。インターネットと最も相性の良い3Dデバイスですから。

>撮影画像を見ただけでも、只ならぬ気配を感じますw
ねw
はく
2008/05/03(土) 07:36 【URL】 [ 編集]
世の中には頭の良い人がおられるのですね~というのが第一の感想です。階段ユニットがツボです。

モジュール‥という合理性&意味の本質をこの作品を見て初めて理解しました。一連の製品(カフェとか)だけ見ると単に「横につながる」だけで‥まぁそんなものか、と思い込んでいましたから。

製品の価値を何倍にもするアイデアですね。別荘は完成見本を何回も見ているので、開封する前からおなかいっぱいで素組するのも億劫でしたから。

撮影画像を見ただけでも、只ならぬ気配を感じますw
G@ひたひた
2008/05/02(金) 23:48 【URL】 [ 編集]
まえすとろ>
>・・・分かりやすぅ~い(笑
本当だ…分かりやすい…orz

>[宣伝]UHB金25:05ダイノジ見てね~>キシイーヌさん
北海道ローカル情報キマシタw
はく
2008/05/01(木) 01:07 【URL】 [ 編集]
>クリブリ千歳店で購入って書いてあったからですな。

いえ、棚のテキストに、「札幌に住んでおります、」って
書いてあったからです。・・・分かりやすぅ~い(笑

[宣伝]UHB金25:05ダイノジ見てね~>キシイーヌさん
藤田
2008/04/30(水) 21:23 【URL】 [ 編集]
まえすとろ>
せたかさん>
キシイーヌさんのブログに、クリブリ千歳店で購入って書いてあったからですな。
また札幌圏内にメンバー誕生かな?じょじょに面子が増えていく北海道飲み会に祝福あれw


CTRさん>
くやしい一品ってのは、何か分かる気もするな~。
自分としては目からウロコと言いますか「こんな手があったのか!」と。
しかもこれ、自分では思いついても形に出来なかっただろうなーとも思うので。
すごいです、本当に。
はく
2008/04/30(水) 17:02 【URL】 [ 編集]
キシイーヌさん>
紹介がずいぶんと遅くなってしまい、申し訳ありません…と言ってもHMSLで扱わせていただくこと自体、キシイーヌさんには青天の霹靂であったと思いますが(笑)。
予想外といえば、キシイーヌさんにここまで喜んでいただけるとは思っておりませんで、はくもビックリしてますw
HMSLとしての主眼は、この作品を皆さんに知っていただくことにあるわけですが、その目標の方も、昨日から貴ブログを1000カウントほど回せたようで「とりあえず達成…?」と、胸をなでおろしております。

今回のコメント、製作後記とでも表現すればよいでしょうか。キシイーヌさんの作品に対する気持ちが伝わってきて、大変興味深かったです。
GW前の今回の紹介で、キシイーヌさんの想いが何人かにでも新たに伝わればいいなぁ、と思います。

さて、期待の次回新作アイデア。#4996+#7997のマッシュアップを検討中ですか!? むむむ…これも面白そうですっ!
黄色でセットの統一感も最初から取れてますし、駅の方の円柱や、別荘の方の屋根窓など、それぞれに一層の変化を与えそうな感じがします。
どちらも現行商品で買い易くてアイデアを共有可能なところが、今回もポイントなわけですね。

>皆さんの何らかの参考になればと、
>次回は、僕流のインスト写真の撮影方法を記事にしてみようかと考えています。
実は、インストの精度の凄まじさは、今回紹介のために再度拝見していて気付かされました。撮影フレームは三脚なりで固定しているからともかく、100枚の写真の明かりがほぼ同じ明度で…とは!
こちらの情報も楽しみにしております。

今後とも、素敵な作品を見せてください。
ありがとうございました。
はく
2008/04/30(水) 17:01 【URL】 [ 編集]
遅ればせながら・・・

わぁ、ご近所だといいなw
せたか
2008/04/30(水) 13:38 【URL】 [ 編集]
これは悔しい一品だ。
別荘を使ってカフェコーナーの階層を増やすアイデアを考えていただけにその一歩二歩先のこれはホントウに悔しい。
(考えていただけで組んでないので、これは反省する所)

新作は#4996+#7997のマッシュアップ

これもきっと悔しい出来なんだろうなぁ~
早く見てみたいです。
CTR
2008/04/30(水) 01:46 【URL】 [ 編集]
はくしゃくさん、ご紹介ありがとうございます。
昼頃に仕事場のパソコンでこの記事を発見したとき、それはそれはブッ飛ぶほど驚きました。
こんなにも高く評価していただいて感謝感激です。あぁ、もったいなや、もったいなや…。

そもそも1セットの組換えで行こうと考えたのは、その方が、たくさんの人と『LEGO遊び』を共有できると考えたからなんです。

僕はクリエイターシリーズが大好きなのですが、3in1と銘打たれた最近のセットのインストには、本当に3種類の組換え説明図しか載っていなくて、ちょっと寂しいなぁと思っていました。
ちょっと前のセットには、アイデア作例として完成図だけは沢山載っていたのに。
頼りの綱のBrickshelfでも、組換え作例はあまり見かけなくて。

そこで、誰かが4つ目以降のモデルを作って、ネット上でたくさんの人とシェアできると楽しいだろうなぁと思ったのです。
ですから、インスト写真はできるだけ丁寧に作ったつもりです。

1セットでの組換えは確かに難しいですが、
今回は『#4954 別荘』が持つ、良くできたパーツ構成に助けられた部分が大きいです。
以前どなたかが、『このセットに秘められたポテンシャルは計り知れない』と仰しゃっていたのを記憶しているのですが、本当に僕もそう思います。
だいたい、32x16ポッチの基礎板3枚構成だと言うところからもう、
「このセットを組み替えて、モジュールハウスを作りなさい」と言われているようで…。

あと…、ブログ更新してなくてゴメンなさいっっ! 言ワレテシマッタ~ ^o^;)

今度は、2008年新製品の黄色いお家『#4996 コテージ』を使ってモジュールハウスに挑戦しようと思っているのですが、こちらは逆に、1セットだけでは、パーツ構成的に結構手強くて、なかなか。
そこでもう1セット、例えば、#7997トレインステーションなどを追加して『マッシュアップ』するのも手だなぁと考えていますが、どうなりますやら。
意外と、#7731や#7732の郵便シリーズを使うのも面白いかも。

…と、創作したい気持ちだけはあるのですが、なかなか製作が進んでいません。

残念ながら、ゴールデンウィークは仕事でして、新作はなかなか難しいと思うのですが、
皆さんの何らかの参考になればと、
次回は、僕流のインスト写真の撮影方法を記事にしてみようかと考えています。

(嬉しさのあまり、コメントが長くなってしまいました)
キシイーヌ(kishida)
2008/04/29(火) 00:38 【URL】 [ 編集]
わぁ、ご近所だといいなw
藤田
2008/04/28(月) 21:03 【URL】 [ 編集]

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/430-a155d02a
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。