HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマチュア発のLEGO公式製品。LEGOブロック生誕50周年の今年は、少し毛色の変わったセットがリリースされるようです。
題して【LEGO Architecure】

詳しい記事はBrickJournalの方に掲載されています。
今回は2セット、現代建築の聖都シカゴを代表する2棟をリリース。今後、世界の様々な近代建築に展開していきたいそうです。
[10+]の年齢設定ですが、メイン・ターゲットはインテリア・アクセサリとしてのアダルト・マーケットでしょう。モヂュール・タウン同様、都市記述の新しい言語となり得るかどうか?新たなる試みです。

製作者がまた面白くて、BRICK STRUCTURES というサイトが発信源。このサイト、スタイルにビジネス・サイト形式を採用しており、『全世界からのレゴによる建築要請を受注施工している』というデザインになっています。お暇な方は、覗きに行かれるのをお勧め。

Sears Tower【実物写真】


John Hancock Center【実物写真】


立ち昇るモノクローム、繰り返されるABSの柱廊。
貴方には、何が見えますか。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと



TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/458-53b8e269
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。