HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003年Cityシリーズの箱写真スッパ抜きや、BNSFディーゼルの情報をどこよりも速くLEGO社から渡されてブイブイ言わせていたILTCO()ですが、最近はイベント開催の調整などに専念して速報性の高さではEUROBRICKSに一歩譲る位置にいるなぁ…でも、2006TRAINなんて一番大事な情報なんじゃないの?…と、覗きに行きましたら、


ありましたよ御馴染みの画像。でもそこは流石トレイン総本山。なんとLEGO社から印刷精度のPDFデータを貰い受けていました。

そんなわけで直リンは、
こちら【4MB】
高解像度のPDFデータですので、ブロードバンド環境にない方はファイルサイズに御注意を。

ICE風の旅客車の先頭は、やっぱり絶望的な一体部品だな、とか、天井も結構大味な部品だな、とか、私が気にしていたクレーンの設置部品は、どうもコレか近い部品の黄色のようだな、とか、様々なことが分かります。
まぁ先に分かったから何なんだと言われればそれまでですが、話の種くらいにはなるでしょう。
お楽しみを。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと



TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/62-c1c48fef
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。