HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Brickshelfにアップされた新作画像2点。

まずはTechnic #8285 (Truck)


新年早々にリークがあったTechnic製品ですが、こうしてパッケージを見せられるといよいよ実感しますね。大迫力です。久々にTechnic製品で手を伸ばしてしまいそう。
まだはっきりしませんが、プレート等System部品で、従来以上にディテールや外観を作り込みつつ、内部機構はTechnicで十二分に再現という方向なんでしょうか。

続いてCREATOR #4896 Roaring Roadsters 。


こちらも素直にカッコイイ。クローム銀部品で作ったシート後方ロールバーや、メインランプの中にウィンカーの透明部品を埋め込んでいる部分など、本格的。
セカンドモデルも、アメリカ人気定番ドラッグスター、プレジャービークル、と全く違った形に挑戦しているのが、CREATORとしての意気を感じさせます。素晴らしい。

こうなると…再度書き出しておきますが、
#4893 Revvin' Riders (バイク?)
#4894 Mythical Creatures (幻獣?)
#4895 Motion Power (重機?自信なし)
#4896 Roaring Roadsters (この製品)
並び番号で、他にも期待が高まります。ただ、CREATOR(デザイナーセット)は、連番で小さい番号ほど買いやすく部品数の少ないセットという製品体系を持っているので、この箱がフラッグシップモデルと考えた方が、ぬか喜びせずに済むかもしれません。参考まで。

あとで、しげしげ見つめて、何か気付いたら追記します。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと


て言うかフェラーリもこの水準で再現できんのか。>LEGO社

2006年01月24日(火) 00:40
はく
2007/11/05(月) 22:55 【URL】 [ 編集]

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/64-f9a6208d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。