HOW MANY S凸UDS TO LEGOLAND ?

レゴランドまで何ポッチ?旧世紀に最も賞賛された玩具への追憶と追悼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SW系LEGOコミュニティの総本山 fbtb.net にて公開。
画像への直リンとコメントは以下に。セイルバージへのコメントも追加しました。
I.S.D.

全体画像
これくらいの大きさなら私でも完成させられそう。
既報で指摘済みの灰色水晶球レーダードーム、黒ドロイドの他に、脱出ポッドに透明ライトブルーの2x2円筒ブロックが4つ見られます。
透明グリーンの棒は、レーザーが出てるのを表現しているのかも。

バックショット
Z字状に開くブリッジの天井/後部はナイスアイデア。プレイセットであることを徹底して設計したある様がうかがえます。

室内アップ
スラスター、ノズルだけかってツッコミはさておき。奥側に皇帝のホログラムプリントの透明部品。
手前の瞑想チェンバーは、ダースベーダーからヘルメットを取って、左側の黒丸(頭の代わり)に被せておく再現遊びが楽しい。
一番手前の白ビームに接続された黒いTechnicコネクタは、新規かと。他に使い途ありそうな感じもします。

展開全景
この開き具合を設計したデザイナーは流石だなぁ…と舌を巻きます。どの程度頑丈なのか、実際作って検証してみたい。けど安灰色要らないしなぁ…。
船首付近、赤の押し出し杵で、脱出ポッドを押し出すギミックでしょうか。

ブリッジ付近
窓ガラスはまってないという回答。

脱出ポッド
1x3カーブスロープのダークレッドは、最近相次いでリリースされてるんですね。

SailBarge

高解像度版
低解像度版
セイルバージとデザートスキッフという、大物小物を並べて一つの世界を表現する、SW中でも秀逸なデザインを、綺麗にレゴに落とし込んでいるのは流石。特にセイルバージは、中の骨組みと外装を別にして、遊べるデザインと強度を如何に両立しているのか興味が沸きます。
絶対条件とはいえ、あのジャバを載せているのがスゴイ。
船首は、Cityシリーズの消防船で初登場した部品を上下逆に積んであります。
って事は4x6のスペースが切り欠いて空いてるはずなんだけど、何か組み込んでるかな。
赤茶とはいえ茶色ということで、これで木造船をビルドする作例も出てくるかも。
サーラックダークタンの部品。本当節操無いな。

デザートスキッフ
新ヘルメットに期待してたのに、造形が細かすぎてガッカリ。応用利かない下品な部品出し過ぎ。
ルークの乗っている板は、スキッフの底から引き出すようですな。
スポンサーサイト
COMMENTS
この記事でちょっと思ったことを書いてみる

おなまえは固定でお願いいたします。
Passは必ず入力してください(半角英数字で4~8文字程度)。入力しない場合、自分で編集も削除も出来なくなります。
18才以上推奨。コメント書き込みは、自分で稼いだお金でLEGOを買うようになってから。(読むのは誰でもOK!)

Pass:
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
みんなのひとこと



TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
http://earlscourt.blog54.fc2.com/tb.php/71-c3cd9f61
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。